« Webメールと東京マラソン | トップページ | 清里・草五庵 »

2007.10.06

電子カルテ導入記番外編・故障

朝の診療開始前に第一診察室のパソコンPowerMacG5が立ち上がらない事に気づく。ふだんはスケジュール起動で朝8時に自動で立ち上がるようになっている。電源ボタンを押してもうんともすんとも言わない。

一応お約束のチェック。周辺機器の接続を全部外して、コンセントを繋ぎなおす。再度、電源投入。やはりうんともすんとも言わない。これは電源の故障だろう。電子カルテも機械である以上、こういう事態は想定している。すぐに代替機は準備できないので、診察室のメインを第2診察室に変更して診療開始。こちらのマシン(iMacG5)は何ともないので、診療に特に問題は起きない。第1診察室にはナースがカルテ閲覧用に使っているiBookを借りておいておく。14インチ液晶のiBookはさすがにデスクトップが狭くて使いにくいが、使って使えないことはない。
近隣の幼稚園は運動会で病気の子もみんな強行出場しているのだろうか。土曜日にしては混まずに助かった。
電源の交換(他にも問題があるかも知れないが)となると、マシンは最低4−5日は手許からなくなる。AppleStoreへの持ち込み修理も考えて予約も取ってみたが、店頭での修理は無理だろう。そうなると修理センターのピックアンドデリバリーでも修理期間は大して変わらないと思い直す。修理センターに電話してピックアップの予定を決める。
修理が終わるまでは、第2診察室のiMacG520インチを第1診察室に移動。受付のiMacG5を第2診察室に移動。引退していたiMacG4を受付に戻す、という玉突き移動で何とかしのげるはず。
第2診察室の電子カルテが17インチになるのでちょっと使いにくいかも知れない。やはり20インチ以上の予備機を持っておいた方がいいのかなと思った。
院長室のPowerMacG4をそろそろ買い換えなよ、というジョブス君のささやきが耳許で聞こえるような・・・ん、空耳かなぁ。

|

« Webメールと東京マラソン | トップページ | 清里・草五庵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Webメールと東京マラソン | トップページ | 清里・草五庵 »