« デリーのレシピのレトルトカレー | トップページ | 一人での日曜日の過ごし方 »

2007.10.13

ナビスコ杯決勝へ

修理に出したPowerMacG5はピックアップから48時間でパワーユニットを交換されて戻ってきた。素早い。リペアセンターでの滞在時間は4−5時間だろう。そのおかげで、今日土曜日の混雑は万全の体勢で臨むことができた。それでも1時間あまりの延長戦。今日はナビスコ杯準決勝第二戦が等々力であるのだが、それには何とか間に合うだろう。

071013_134810 071013_145831クリニックで応援装束に着替えてそのまま等々力まで走っていく。走っていけば負けはない。負けなければ決勝進出が決定する。距離としては5km足らずだろう。
等々力は満員かと思ったらそうでもない。日産スタジアムに比べたら断然埋まってはいる。身の丈に合った器がいいということだろうか。
ゲームは前半開始早々に先制される。またしても大島。しかし、すぐに反撃。ヒロキがシュートのこぼれ球をズドーンとミドルシュート。キーパーの手をはじいてゴールネットを揺らす。次はテセが憲剛(だったと思う)のスルーパスからゴール。オフサイド?と線審を見てみたがフラッグは揚がらず。これで2−1。その後にジュニーニョがクロスをきれいにあわせて3点目。これで決まりだろうと思っていたら坂田に決められて3−2。これで前半終了。3−3でも勝ちなので、最悪このままで行けばいいと思っていて、まさにそういう展開だった。後半35分、長い縦パスに相手キーパーが飛び出したが頭上を越えそうになって思わず手を出してしまう。一発レッドカードで退場。マリノスはすでに3人の交代枠を使い切っていたので松田直樹がキーパーに。これで勝負あり。松田のキーパーなんてそう見られるわけではない。いきなり正面からのFK だったがここで直接ゴールを狙わなかったのは武士の情けだろう。結局ロスタイムにGK 松田からも1点頂いて4−2、2戦合計6−3の完勝。決勝は11月3日国立競技場で相手はガンバ大阪に決まった。
これで東京ドームでの小児科対抗野球のTK戦の応援はなし、国立行きが決定。
夜はクライマックスシリーズで阪神ー中日だったのだが、こちらは完敗。明日はこっちに力をいれないとね。

|

« デリーのレシピのレトルトカレー | トップページ | 一人での日曜日の過ごし方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デリーのレシピのレトルトカレー | トップページ | 一人での日曜日の過ごし方 »