« アンケートご協力の御礼 | トップページ | Webメールと東京マラソン »

2007.10.04

アンケート集計法

先日締め切ったアンケートを集計する。設問は6問でそのうち3択が4問、記述が2問である。記述の方は書きだしていくしかないので、これは仕方ないのだが、3択の集計にスマートなやり方はないものか。

エクセルか何かで簡単にカウントしていく方法はと考えてみるのがサッパリいい考えが浮かばない。サンプル数も少ないし、手作業の力業でいってもそう時間はかからないだろう。ということで、原始的力業を始める。紙に3x4の大きなマスをを作って、回答用紙一枚一枚を捲りながらマスの中に「正」の字書き込む。せめて、捲るのではなく誰かに読み上げてもらうようにすればもう少し簡単だったはず。一人でやるととても面倒。途中でアホらしくなってやめようかと思ったが、ここでやめたらこれまでの努力が水泡に帰す。何とか最後の1枚まで放り出さずに集計する。もっとスマートな方法があるはず。誰か教えて!
記述式の設問は集計がもっと大変。そんなことはわかっている。回答候補を用意して3択や5択でよい設問を作るにはそれなりのテクニックが必要。アンケート調査はどう集計するかを考えてから設問を作るべきなのだということを改めて認識した。
タミフルと異常行動の関係を調査するアンケート用紙に記入したことがあるが、記述部分が多くて回答にも大変な時間がかかった。あれを集計するというのはどうするつもりだったのだろうか。今思うに集計なんてできないのではないかとさえ思う。

|

« アンケートご協力の御礼 | トップページ | Webメールと東京マラソン »

コメント

仕事でアンケートの集計をしています。
アンケートは先生お考えのとおり、エクセルで集計できます。
色々な方法がありますが、countif関数を使う方法が一般的かと思います。
文章で説明するのはややこしいので、下記のurlを見てみてください。countifの使い方が載っています。
http://kokoro.kir.jp/excel/countif.html

私はその期間病院へ行っていないので、カルテ開示のアンケートには回答していませんが、カルテ開示はとてもありがたいことだと感じています。慌てて病院へ連れて行った時など、気も動転していて先生の話を聞いているようで聞き漏らしていたり。そんなときに「ああ、そういえばこうおっしゃってた」なんて紙を見て確認することがあります(そんなうっかりモノは私だけでしょうか)。

それにしても、「こっちはプロなんだから患者は黙って言うこと聞いてなさい」的な医師もいるなかで、カルテ開示を含めきちんと説明してくださる片岡先生は、なんと奇特な存在か!「いつまでもお元気で診療してください」とおっしゃる方の気持ちも分かります(笑)。
まだまだお若いですけれど、どうぞこれからも長く長くお続けになってくださいね。

投稿: いけち | 2007.10.08 22:02

いけちさん
countifの情報ありがとうございます。
そういえばこのページ、以前年齢計算でお世話になったような気がします。
今度アンケートをとる時にはもう少しスマートにやれますね。
アンケートの結果、カルテ開示には多くの支持を頂きました。ともかく後退することのないようにやっていきたいと思います。

投稿: 院長 | 2007.10.09 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/16663463

この記事へのトラックバック一覧です: アンケート集計法:

« アンケートご協力の御礼 | トップページ | Webメールと東京マラソン »