« 今季インフルエンザ第1号 | トップページ | 玉が痛い! »

2007.10.17

電子カルテ導入記番外編・キーボード

第一診察室のキーボードの調子が悪い。どう悪いかというと「del」キーが妙に「引っかかる」のである。キーボードで一番酷使されるキーは「e」キーだというのだが、私の所では「del」キーか・・・ちょっと悲しい。

Dscf0652 Dscf0650 そういえば最近ディスプレイの文字も見にくくなって、誤変換をしていても気がつかないことがしばしば。視力に変化がきているようだ。今日も「水痘」とタイプするところを「水都」と変換しても気がつかなかった。
電子カルテの文字サイズを大きくする?なんか、それには抵抗があるんだなあ、見栄っ張りだから。ラクラクホンは使いたくないぞって。
ともあれ商売道具はきちんとしておかないといけない。キーボードを買いにAppleStore梶ヶ谷へ。新しいAppleKeyBoardが出ている。すでに自宅ではiMacと同時購入したワイアレスキーボードを使っていてキータッチもデザインもとても気に入っている。今回は有線のフルキーボードを購入。とっても優れものだ。マウスはレスポンスと掌の中のフィット感からLogitec製を引き続き採用。
ついでに診察デスクのレイアウトを変更することに。ディスプレイが正面にあるとどうしてもそちらに顔がむいてしまって患者さんの方に視線が行きにくい。患者さんの方も、ディスプレイを見るかドクターの方を見るかで視線を変えなくてはいけない。ディスプレイを患者さん側に30度ほど傾けて、患者さんから見やすくする。私も斜めに座って斜めからディスプレイを見るというという配置に変えてみた。キーボードもデスク上では斜めに置く。
この配置、あまり違和感はない。こういう配置に適したデスクもあるようなので、それも検討課題としてみよう。

|

« 今季インフルエンザ第1号 | トップページ | 玉が痛い! »

コメント

いーえ。文字サイズは大きくすべきです。
私、オフィスでもメールの文字サイズが大きすぎる、
と嫌われて?いますが、慣れてしまえば大丈V。
まして、ディスプレイの文字サイズなんて、誰にも
迷惑をかけないのですから。

情報量が減ったら、画面を2倍にしてみることを
おすすめします。
Macもマルチディスプレイはできるのですよね?

投稿: Nao | 2007.10.18 02:12

文字サイズは見栄をはらずに大きくすると・・・なるほど。やってみるか。
そう思って電子カルテの画面を見てみたら、カルテの部分は12ポイントで、見にくいなと思って困っているところは紹介状・診断書を紙で発行するパーツ。これが10ポイント。これを12ポイントにすると印刷レイアウトが崩れる。なかなか、難しいです。
メールやブラウザはとっくに文字サイズ「大」を選んでます。

マルチディスプレイは可能です。でもデスクスペースがネックですね。

投稿: 院長 | 2007.10.18 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今季インフルエンザ第1号 | トップページ | 玉が痛い! »