« 宮崎カレー | トップページ | デジイチ »

2007.10.20

対アルビレックス新潟戦

土曜日はさすがに混むようになってきた。「風邪」多し。入院を依頼したのは1名。たぶん細菌性肺炎だろう。キックオフは4時とは言え今日もげんをかついで等々力まで走らねばならない。いや、別に走りたかないのだ。こんな事はいい加減にしておかないと身が持たない。

ひーひーいいながら多摩川の堤防を走って等々力へ。こりゃ間に合わない。ビールを買って席に着いたらすでに試合は始まっていた。
マリノスに 連勝してさすがに勢いが戻ってきた。憲剛、ジュニーニョの調子よし。1点目はジュニーニョから左に出たボールを憲剛が左足で決めた。同点に追いつかれた後 も、久木野がしつこくボールを追いかけてキーパーへのバックパスをさらって勝ち越し。そのすぐ後で憲剛からスルーパスをジュニーニョが冷静に決める。これ はもう大勝だという雰囲気だった。ところが後半、新潟が勢いを取り戻す。右サイドを突破されてクロスからヘッドで決められ、フリーキックが直接ゴールイン。これで同点。何とな く嫌な予感が漂い始める。ロスタイムが3分。負けないだけでもよしとするかとあきらめムードも出てくる。それでも攻め続けるフロンターレ。もうロスタイムも終了かというという時に憲剛が正面から低い弾道のミドルシュート。これがキーパーの足下をすり抜けて決勝点。4−3の勝ち。いやあ、あきらめてはいけない。
帰りはビールも入ってしまったので走らずに電車で。
帰ってみたらフロンターレ後援会から緊急の連絡ハガキが来ている。「浦和警報発令!」と。
11月11日の対レッズ戦のチケット、ホームAゾーンが3215枚も売れ残っているのだそうだ。10月27日には一般発売が始まる。それまで売れ残っているとあっという間に赤い軍団に買い占められてしまう。これではホーム側も真っ赤という不吉な事態となる。確かに、これはマズイ。今日も14000人でホーム側にもかなり空席が目立ったが、その空席の部分が全部「赤」になってしまうわけだ。「STOP!赤」というロゴマークまで作ってあったが、これは危機感を持った方がいい。何枚かチケット買ってプレゼントする作戦でもやるか。

|

« 宮崎カレー | トップページ | デジイチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮崎カレー | トップページ | デジイチ »