« そして熱海 | トップページ | 久しぶりに喘息がでた »

2007.09.18

長引く下痢

連休明けの火曜日。このところの夏休みペースが一転してレギュラーモードにチェンジ。のんびり外来もそろそろおしまいのようだ。
この間、ヒマだった時から目立っているのが乳児の長引く下痢。ウイルス性にしろ細菌性にしろ下痢は1週間くらいでなんとか治まる。そう話しているのだが、10日、2週間となかなかよくならない下痢が多い。食欲も元気もあって全身状態に問題はないのでさほど心配はしていないのだが、親の方はそうもいかない。こんなに下痢が続いて大丈夫かという質問が多い。まあ、大丈夫でしょうと答えているが、大丈夫でなかった例は今のところない。
細菌検査をしても病原菌は見つからないので、病原性大腸菌などでもない。じゃ、何だ、というとなかなか答えが出ない。ウイルス性胃腸炎に二次性乳糖不耐症がおきて下痢が長引いているんでしょう、というような説明で乳糖分解酵素などを加えてた処方をしている。当否のほどは確定しないが、だいたいこのあたりでよくなることが多いので大ハズレでもないだろう。
例年ウイルス性胃腸炎は10月、11月あたりから多発するのだが、少し早く来ているようだ。保育園での集団発生が多い。ウイルスは同定出来ていない。さて、何だろう。

|

« そして熱海 | トップページ | 久しぶりに喘息がでた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/16494211

この記事へのトラックバック一覧です: 長引く下痢:

« そして熱海 | トップページ | 久しぶりに喘息がでた »