« 夏休み | トップページ | 夏休み3日目 »

2007.08.20

クラシックホテル

夏休み初日は箱根へ。箱根温泉旅館全館制覇を目指すというのは、なかなか現実味がないが有名どころは押さえておきたい。今回はクラシックホテルと自ら名乗る富士屋ホテルへ。

Miyahuji Aji

ホテルのチェックインまで時間があるので宮ノ下近辺を探索。「みやふじ」という鮨屋がある。アジ丼が有名らしいがあいにくすでにアジは売り切れ。人気メニューらしく後から来る人もみな「あれ、アジ売り切れですか」と言って入ってくる。表に書いてあるだろうが。この鮨屋さん、あがりの茶碗に取っ手がついている。確かに熱すぎてもてないことがよくある。ガイジン向けには良さそう。そういえばカウンターのお隣さんもガイジンさんだった。鯵抜きのお好み握りはまあ普通。鯵がないと言われると食べてみたくなるのは人情である。
Hujiya_2Fujiyatwin 富士屋ホテルはカレーライスを食べに立ち寄ったことはあるが宿泊は初めて。どうせならと明治24年にできた一番古い本館のツインをとる。本館の正面の部屋だった。中はさすがに明治生まれ、古いのは仕方がないが、維持管理は行き届いている。赤い欄干をあしらった室内はほどよいレトロ調。というかレトロそのもの。バスタブは猫足の陶器に真鍮のカラン。そこから温泉が出てくる。これは当時としてはメチャゴージャスだっただろう。さすがにインターネットは繋がらないだろうとエアエッジを持って行ったのだが、なんとFREESPOTという認証なしで入れる無線LANがある。速度を測ると1.8M。なかなかじゃん。
Steak Fujiyacurry 夕食はメインダイニングで古き良きフレンチをいただく。ヌーベルキュイジーヌなんかに惑わされないぞというこだわりがあるらしい。メニューはオーソドックスでメインはヒレステーキのフォアグラ乗せ。スープやソースはご自由にお取りくださいと差し出されるのだが、スープはともかくソースは味の濃さが関係するからかける量を客に決めさせるのは無理というもの。余りどばどばというのは品がないと思ってちょこっとかけただけだったが、カミさんは手を出さずに給仕にお願いした。給仕はソースが流れて皿にたまるほどソースをかけた。くそっ、負けた。
翌日のランチはお約束のカレー。伊勢エビのカレー8500円、鮑のカレー8000円。これはちょっと遠慮してビーフカレーとタラバガニのカレーに。カレーにして食べるほど、ふだん伊勢エビや鮑を食べ飽きていない。ビーフカレーはホテルのカレーの原点というべきだろう。この値段には老朽化した木造ホテルの維持費も含まれているとしたら、まあ仕方ないのかと思う。

|

« 夏休み | トップページ | 夏休み3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/16172266

この記事へのトラックバック一覧です: クラシックホテル:

« 夏休み | トップページ | 夏休み3日目 »