« 休診明け | トップページ | 鰻食いたいっ »

2007.08.28

小児急病センター当番

休み明け翌日に急病センターの出番はちょっときついかなと思っていたが、昼間の閑さがそのまま夜にもつながっていた。区役所前の駐車場に着いたら先月とは打って変わって車が一台も駐まっていない。待合室も無人。荷物を置いてセブンイレブンへお弁当の買い出し。「インド風黒胡椒のチキンカレー」は見あたらず。ショックである。もう販売は終了したのだろうか。

ポークカレーは飽きているのでとりあえずの幕の内弁当ですます。9時過ぎまで患者ゼロ。昨日はと記録を見ると準夜3名、深夜3名。今日は記録更新なるか、ひょっとしてゼロかもと期待が高まる。こういう期待をするとたいていは裏切られる。
9時半頃に8ヶ月の赤ちゃんの熱。2時間ほど前から熱に気づいたという。熱が下がらないので来たとのこと。そら、まだ下がりませんて。ということで、お薬なしでお帰りいただく。
ひょっとしてこれでおしまい?という期待はさらに裏切られて、10時過ぎに高熱とじんま疹の女児。今朝から症状はあって近所の内科にかかっている。熱が下がらないので心配という。これはちょっと辛そうな症状で、血液検査をしてみる。白血球などは正常、炎症反応も軽度。じんま疹のお薬をちょっと変更して帰宅してもらう。こういう症状で心配なら多摩病院の救急外来に行く方がよかったのにと思う。
続いて3人目が熱は下がったが発疹がひどくなったという4歳児。発疹と経過はどう見ても突発性発疹。これもお帰りいただく。以上で終了。深夜帯当番のドクターがすでに登場している。後の患者さんはお任せである。
やれやれ・・・

|

« 休診明け | トップページ | 鰻食いたいっ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/16270549

この記事へのトラックバック一覧です: 小児急病センター当番:

« 休診明け | トップページ | 鰻食いたいっ »