« 炎のカレー?! | トップページ | 緑一色 »

2007.08.15

フロンターレ対マリノス戦

後半戦最初のホームゲーム。いつもなら等々力まで走っていくところだが、今日は車で送ってもらう。こういう事をすると結果がよくないことが多いのはわかっている。だって、暑いんだもん!

結果はその通りで、フラストレーションのたまる試合だった。中村憲剛の調子が悪い。いつものキックの正確さがない。クリアボールをミスキックしてコーナーキックになる。それをズドンと大島にやられる。フリーキックもコーナーキックもいいところがない。サイドチェンジのロングパスも精度が悪い。落合は決定的なところでボールを失って2点目を献上する。失点はどちらもミスから。谷口のトップ下も失格。ジュニーニョとの連携がうまくない。ジュニーニョは孤立して中沢、松田のいる中央を突破できない。サイドに流れて中央ののテセが混戦の中1点で1点は取ったが時すでに遅し。あ〜あ、という終わりかたで試合は終了。
公園内の信号で交通整理のおじさんが「どっちが勝ったの」と聞いてくる。信号待ちで止まっている人たちは知らんぷりである。仕方なく「マリノスが勝ったよ」と教えてあげたら「それはよかった」と大きな声で言う。まわりから一斉に冷たい視線が飛んでくる。兄ちゃんが一人飛び出してきて「てめえ、ここで(等々力で)仕事してんだろ。わかって言ってんのか。」とにじり寄る。ちょうどそこで信号が青に変わって事なきを得たが、皆さん気が立っているのである。
あとで考えたのだが、あのおじさん、「マリノス」が敵方の事だとわかってなかったんじゃないか。そんなノリだった。「横浜が勝ったよ」とか、「川崎が負けちゃった」と言ってあげれば、ああいうことにはならなかったのではないかと。

|

« 炎のカレー?! | トップページ | 緑一色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/16129159

この記事へのトラックバック一覧です: フロンターレ対マリノス戦:

« 炎のカレー?! | トップページ | 緑一色 »