« どうしてモノは分解してみたくなるのか | トップページ | VPD »

2007.07.07

カレーの夏

7月に入ると例によってロイヤルホスト夏のカレーフェアが始まる。毎年一度か二度は食べてみてさほどの感動はないのだが、でも、何となく気になって入ってしまう。今年は25年目だそうだ。

Roihocurry今年のテーマはパロタというパン。南インドの定番らしいが食べたことがなかった。スリランカのロティなんかに近いのかな。とりあえず定食で試す。カレー3種と2種があるのだがカシミールビーフとムガールチキンの2種のセットにする。パロタはナンやチャパティに比べるとちょっと油っぽい。これだけだとちょっとしつこくてどうかというところだが、そこはロイホのセット、ちゃんと白いご飯もついている。カシミールカレーはいつも通り。カレーフェアの定番メニューとなっているが、これを通年で出してもたぶん売れない。デリーのカシミールカレーと比べて、あとをひくうまさ・辛さがないのだ。ムガールチキンカレーはまずまず。中辛というところがもうひとつインパクトに欠けるところ。タンドリーチキンはパサパサ。これではタンドリーにもチキンにも失礼。ということで、あまり辛口でないカレーの定食に評価は辛口で。

|

« どうしてモノは分解してみたくなるのか | トップページ | VPD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/15686331

この記事へのトラックバック一覧です: カレーの夏:

« どうしてモノは分解してみたくなるのか | トップページ | VPD »