« 麻しん・風しんワクチン自費接種は休止 | トップページ | カレー自慢の小さな洋食屋さん »

2007.06.05

キリンカップ・コロンビア戦

朝から予約は半分ほどの埋まり具合で、学生実習があるとはいえ楽勝の展開予想。ところが一人一人が単純な症状ではない。肺炎が疑われた子は病院に紹介。激しい腹痛の子どもは超音波検査してみたら膀胱がぱんぱん。導尿することにして準備を始めたら自力で排尿した。これで一件落着かと思って帰したら、高熱でうとうとしているというので再来院。低血糖もあった。ということで、珍しく動きのある小児科外来の実習となった。

午後の延長戦もなく診療はスムースに終了。さっさと帰宅してキリンカップ、対コロンビア戦をTV観戦。どうしても最近の代表戦は中村憲剛の動きを中心に見ることになる。前回のモンテネグロ戦ではパスせずにシュートをふかしてオシムに名指しで非難されていたので、余計に気がかり。普通、あそこでシュートを選択するのは間違いじゃないだろう。ただ、枠には飛ばせよ、とは思うけど。
そんなわけで、今日はどうだろうと思って見ていたが、文句なしにシュートというチャンスが3回ほど。一度でも決まっていれば、メデタシだったが世の中そう甘くはない。それより、後ろからの組み立て、サイドチェンジのロングパスなど本来の仕事が光っていた。高原も迫力を増して頼もしくなっている。終了間際の憲剛からのクロスにうまく頭をあわせられていたらバッチリだったのだが。ともあれ、点こそ入らなかったが、面白いゲームだった。

|

« 麻しん・風しんワクチン自費接種は休止 | トップページ | カレー自慢の小さな洋食屋さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/15328711

この記事へのトラックバック一覧です: キリンカップ・コロンビア戦:

« 麻しん・風しんワクチン自費接種は休止 | トップページ | カレー自慢の小さな洋食屋さん »