« 銀座「煙事」 | トップページ | たんぽぽの毛は風が刈る »

2007.05.31

月末の麻しんデータ

夕方5時頃から激しい雷雨となる。空は真っ黒。予約キャンセルの電話が次々にかかってきて、5時半には本日の予定終了となる。それでも6時までは店じまいできないので、激しい雨脚を眺めつつ時間をつぶす。今日は5月最終日。終わったらレセプトの作業。いつもながら月日の経つのは早い。加速している。なので、レセプトもあっという間にできて、もういつでも提出できる状態になった。

まわりの流行とはうらはらに当院の今月の麻しんはゼロ。川崎市内の流行は医師会が全数把握のアンケート調査を始めていて、5月分の報告が来た。市内全体で65例。0-5歳は6例、6-11歳は5例、12-14歳は4例、15-17歳は9例18-29歳は28例、30歳以上は12例。地域別では川崎区 3、幸区 7、中原区 11、高津区 8、宮前区 12、多摩区 16、 麻生区 4、ということになっている。中原、多摩、宮前で多いことがわかる。
年齢別では成人麻しんが多いが、まわりで麻しんウイルスが飛び交っているようすがよくわかる。まだまだ流行が終息に向かう気配はないようだ。

|

« 銀座「煙事」 | トップページ | たんぽぽの毛は風が刈る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/15268904

この記事へのトラックバック一覧です: 月末の麻しんデータ:

« 銀座「煙事」 | トップページ | たんぽぽの毛は風が刈る »