« 痛い引き分け | トップページ | 「殯の森」 »

2007.05.28

MRワクチンの事情

麻しん単独のワクチンはすでに流通在庫もない。そのため麻しんワクチンを希望する方には麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)を勧めているというのは既報のとおり。ところがこのMRワクチンも供給に不安が出てきている。

川崎市では定期接種に使うワクチンは市が確保して医療機関は毎週末に翌週必要なワクチンをファックスで請求するシステムになっている。なので、医療機関で品不足を見越して余分に在庫を確保したりする必要はない。今のところ定期接種分に関しては供給は安定しているようだがこのシステムでこの先大丈夫かというと少々不安が残る。心配なのは自費で接種する定期外のワクチンの確保。これは定期接種のワクチンを扱う問屋に市で供給するワクチンと同じものを別途発注している。その週の分を毎週発注するシステムで在庫は最小限である。皆さんがこういうシステムでやってくれたら、仮に品不足でも、あるところまでいって無くなったらここでおしまいになりましたですむ。ところが「品不足が予想される」という情報が流れると買いだめに走る人々がいる。するとあっという間に市場からブツが消える。結局「目先の利く」医療機関だけしか接種できなくなる事態となる。これも市場原理ということか。なんかやだな、と思ってしまう。
定期外での大学生のMRワクチン接種が続いている。大学が休講になっているのでワクチン接種に来たという学生もいる。ふだんガキとお母さんしか診てないので女子学生なんかだとちょっと調子が狂う。生ワクチンは妊娠中の接種は禁忌なので必ず妊娠の可能性がないかどうかを確認する。お母さん相手の時だとこの質問は別に違和感なくできるのだが女子大生だとちょっと詰まる。そのうえ、MRワクチンは風しんワクチンを含んでいるので、この場合は2ヶ月間の避妊を指示することになっている。
「君、妊娠してないよね」 ・・・ホントかな
「今日から2ヶ月は避妊だよ、避妊ってわかる」
「出来ちゃった婚とか、そういうの無しだよ」
完全にセクハラおやじじゃないか。


|

« 痛い引き分け | トップページ | 「殯の森」 »

コメント

はじめまして。
先生の病院にはかかった事が無いのですが、スポーツの話やちょっとした病院の事情などが面白くて読ませて頂いています。

先日、子供が1歳になったので、かかりつけの小児科にMRの予防接種に入ったのですが、ワクチンが無いと断られてしまいました。
前に注射を受けた時に「定期接種なら予約不要」と確認していたので、後から「はしか単独と間違えて断られたんじゃ…?」「でも予診票も出した後に断られたしなぁ」ともんもんとしていたのですが、先生の日記で大学生にも接種していると知ってそういう事情だったのかなぁと納得しました。
ありがとうございました。

投稿: ママサポ | 2007.05.29 13:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/15237166

この記事へのトラックバック一覧です: MRワクチンの事情:

« 痛い引き分け | トップページ | 「殯の森」 »