« 国立新美術館 | トップページ | 感染性胃腸炎 »

2007.04.12

フロンターレvs全南ドラゴンズ

昨夜韓国で行われたアジアチャンピオンズリーグ、フロンターレvs全南戦をビデオ観戦。生放送はなくて夜中12時からの録画放送。どうせ録画だしということで、録画放送を録画して翌日観戦することにした。その前の阪神vs中日戦が白熱の延長引き分けで、精力を使い果たしたということもある。こちらは肩に力のはいる試合だった。

こういうビデオ観戦は結果を知らないで見るのがベストなのだが、さすがに翌日の夜まで知らないでいるというのはこのメディア社会では難しい。一番の敵はメールで届く試合経過。モバイル・フロンターレに登録すると全試合の経過をほぼリアルタイムで教えてくれる。メールは見なければそれでよいのだが、夕鶴の与ひょう、浦島太郎の例を持ち出すまでもなく、ちょっと開けてみたくなるのは人情である。で、ちょっと開けて見てしまって、3:1という結果はわかっていた。勝つとわかっている試合のビデオはとにかく安心してみていられる。スコアからは楽勝かと思ったら、きわどいシュートを何本も打たれていてGK川島のファインセーブでのがれている。まあ、入らないのはわかっているので動揺はしないのだが。ジュニーニョ、マギヌンの活躍は予定通り。我那覇もバーをたたくきれいなシュートがあって、得点まであと少しの予感がする。
15日の対清水戦はかすみがうらマラソンに出走中なので等々力には行けないが、いいムードで戦えそう。

|

« 国立新美術館 | トップページ | 感染性胃腸炎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/14660107

この記事へのトラックバック一覧です: フロンターレvs全南ドラゴンズ:

« 国立新美術館 | トップページ | 感染性胃腸炎 »