« 梶ヶ谷ランチマップ | トップページ | お財布ケータイ »

2007.04.05

ネパール料理

昨夜は織田フィールドの練習会の日。折からの冷たい雨でトラックは貸し切り状態。一人黙々と走る。こういう時は気持ちが乗ってこないので早々に切り上げて、予定通り渋谷のネパール料理の店に向かう。

Nourobansa店の名前は「のうろ ばんさ」という。意味はわからず。カレー部の例会をどこでやろうかと新しいお店をネットで物色中に見つけた。下見と言うことで、織田で走らなかったNさん、Kさんも直行して3人に。
店はNHK正門に向かう井の頭通り沿いからちょっと奥まったところ。ここが渋谷かと思うような、ひっそりとしたたたずまい。表にメニューの看板が出ているが、知らなかったらまず入らないような店構えである。
写真は「マサラパパル」。豆の煎餅にぴり辛(と言うより激辛)のサラダが乗っている。他にジャガイモのぴり辛サラダ、モモというネパールの餃子、カレーは標準的なインド料理屋と似たようなメニュー。ほうれん草のカレー「サグ」は普通チキン、マトン、カッテージチーズなどを「具」にするが、ここのサグは野菜カレーで「素サグ」。「素」でうまいというのは実力ありと言うこと。
ネパール料理は基本的には北インド料理と地続きの関係だ。モモなんかはちょっとチャイナが入っているかなと思わせる。メニューに「豆腐チリ」というのがある。一体なんだろうという話になった。麻婆豆腐がネパールに伝わったものだと言う説、いや南禅寺の湯豆腐が中国を経由してネパールまで伝わり「豆腐のちり鍋」が「豆腐チリ」となったと言う説、上海料理「海老のチリソース」の海老の替わりに豆腐を使ったもの、など諸説ある。どれが本当でしょう。

|

« 梶ヶ谷ランチマップ | トップページ | お財布ケータイ »

コメント

のうろばんさ、とは愉快な食堂のこと、だそうです。
美味しかったですね!

投稿: Nao | 2007.04.06 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/14571686

この記事へのトラックバック一覧です: ネパール料理:

« 梶ヶ谷ランチマップ | トップページ | お財布ケータイ »