« 代々木公園から等々力緑地へ | トップページ | 連休の谷間 »

2007.04.30

モーゴの人々

GW前半のメインイベントはシティボーイズ・ミックスの「モーゴの人々」の観劇。毎年GWの公演で、観にいくのは何年目だろうか。GWの恒例行事となった。このチケットは結構入手難だが、今年はヤフオクのお世話にならずにゲットできた。

Mobo さて当日朝になってカミさんが気持ちが悪いと言い出す。昨日まではテニス三昧のばりばりだったのに。公演は昼の部。それまでに復活できるかどうか。いつぞやは天然ふぐを食べに行く日に気分が悪くなってドタキャンした。ふぐのドタキャンは御法度でお店のご主人と随分もめた。それ以外にも気分が悪くなることがしばしば。二日酔以外で気分が悪くなったことがない私にはどうも理解が出来ない。
結局、起きられないと言うことで私一人で行くことになった。置いていくからと言って薄情者と言わないで欲しい。たまたまあなたの夫は医者かもしれないが、こういう状態にたいして医者に出来ることはない。寝てれば治る。病院に行って点滴でもしてもらえば元気になるなんてバカな幻想はさすがにないよね。
ということで、一人天王洲の銀河劇場へ。銀河劇場の前の名前はアートスフィアと言ったと思う。どうして名前が変わったのかは不明。いつもながらGWの天王洲アイルは空いている。表参道ヒルズやミッドタウンも出来たし、ますます苦戦ということになるのだろうか。
で、シティボーイズミックスだが、今年は出演者が全員男。客演の女優がいない。去年は銀粉蝶だったが、とりあえず「アングラの歌姫」ではあった。
男ばかりでもいつものように面白い。相変わらずとりとめもない流れのコントで、この流れが心地よい。大竹まこと、きたろう、斉木しげる、中村有志、毎年観ているがこの年でこういう芝居が出来るのは素晴らしいの一語に尽きる。ちょっとくらい噛んだっていいじゃないか。ところで「モーゴ」って、いったい何だったのだろう。
帰宅したらカミさんは復活していた。置き去りの判断は早すぎたか。チケット代6500円が無駄になった。

|

« 代々木公園から等々力緑地へ | トップページ | 連休の谷間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/14900986

この記事へのトラックバック一覧です: モーゴの人々:

« 代々木公園から等々力緑地へ | トップページ | 連休の谷間 »