« フロンターレvs横浜FC | トップページ | インフルエンザの動向その4 »

2007.03.18

浦和で研究会

東日本外来小児科学研究会という小さな会が浦和であり出かけてきた。浦和といえばレッズの本拠地。今年こそ積年の恨みはらさずにはおくものか。研究会のついでにまちのあちこちにマーキングでもしてやろうかという意気込みで乗り込む。

赤羽で湘南新宿ラインから高崎線各停に乗り換える。浦和といえば県庁所在地にもかかわらず快速や急行の停まらない町として有名だったが、今も停まらないようだ。武蔵小杉は特急も停まるぞ、って自慢にはならないか。駅を出ると老若男女みな赤いジャージを着て「We are reds.」と叫んでいるのかと思ったら思いの外おとなしい色調。とりあえず拍子抜けである。
会場では横浜FCの企業サポーターをしているS先生にお会いする。昨夜は大人げない点の取り方をしてゴメンと謝る。先方は無様な試合で申し訳ないと。なかなか大人の会話である。
研究会の方では溶連菌感染症の後に検尿をするかどうかの話に興味があったが、今日の話を聞いて、やはり検尿はしなくていいなという結論。シンポジウムを企画された先生の意図とはちょっと違うかも知れないけれど。
研究会はだらだらと最後まで。帰りは赤羽で埼京線に乗り換えると、今日行われた荒川マラソンのランナーがたくさん乗っている。東京マラソンの余波で参加者激減かというと全くそんなことはないらしい。今日参加しているマラソン仲間も赤羽あたりで打ち上げをやっていそうなので合流しようかなともチラリと思ったが、結局おとなしく帰宅することにした。

|

« フロンターレvs横浜FC | トップページ | インフルエンザの動向その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フロンターレvs横浜FC | トップページ | インフルエンザの動向その4 »