« インフルエンザのピーク | トップページ | ひっかかる »

2007.03.06

激突

午前の診療中に突然バス通りの方でドカンという音がした。なんだ、と思ったものの混み始めていた時間帯だったのでそのまま診療を続けた。

Jiko あとでスタッフに聞いたらクリニックの前の電柱とガードレールにトラックがバックで激突したのだそうだ。表を見てみると電柱は少し傾いて歩道のアスファル トがめくれあがっている。ガードレールもぐんにゃり。もしあの位置に電柱とガードレールがなかったらトラックはクリニックに突っ込んでいたことになる。何 とも恐ろしいことだ。
これは翌朝撮影した現場写真。アスファルトはめくれあがっているが電柱は一応まっすぐ立っている。つまり、たわんで元に戻ったと言うことか。

|

« インフルエンザのピーク | トップページ | ひっかかる »

コメント

ちょうどクリニックに診察へ向かうところで、目前での事故でした。
運転手がサイドブレーキを引き忘れたのか、すごい表情で追いかけてきたのですが、間に合わず激突!
そうです、誰も乗っていないトラックだったのですよ。
坂の上から無人で勢いがついてきて・・・
本当に少しでもずれていたら、と思うとぞっとします。
電柱が無ければ、ガードレールだけでは止まらなかった勢いでしたから、
電柱にも感謝しなければ。
しかし、運転手は何事も無かったように立ち去りましたが、あれって通報しなくて良かったのかしら?

投稿: ちびまま | 2007.03.07 23:21

それって、、、通報した方がいいですよ。。
これだけの被害出てますし。。。
電柱とガードレールとアスファルト、、、数百万で済むかしら。。。。。
目撃者の方の通報は貴重ですよ、きっと。

投稿: nora | 2007.03.11 08:06

この事故は警察に通報されているはずです。運転手のどこの人かわかっているようです。先日、現場検証みたいな事をやっていたらしいです。

投稿: 院長 | 2007.03.11 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/14166574

この記事へのトラックバック一覧です: 激突:

« インフルエンザのピーク | トップページ | ひっかかる »