« 激突 | トップページ | ACL 対アレマ・マラン(インドネシア)戦 »

2007.03.07

ひっかかる

水曜日は午前だけの診療。朝の時点では予約枠にも余裕があって今日は楽勝かと思っていたら予想は見事に外れる。そのうえ、やることなすことみなひっかかる。発熱の患者さんにしてもなかなか事がすんなり運ばない。

インフルエンザに違いないと思って調べたら陰性で白血球がすごく多いとか、溶連菌陽性で抗菌薬を出しているのに熱が下がらないとか、つまり、予定通りに事が進まない。ついつい検査が多くなって時間がかかる。風邪だから薬は要らないと帰した患者さんは受付で不満そうだったという話がくる。後で自宅までフォローの電話を入れる。もたもたして行列が延びた頃に受付終了時間が来る。すると終了間際の駆け込みがどっと入る。全くの初診も何人か。こういうときは診る人ごとにひっかかる。すっと流せないのである。
大幅な延長戦、1時30分からは保育園の入園前健診の予定が入っている。昼飯抜きで飛び出したが遅刻してしまった。入園前検診でもまたひかっかる。40名足らずの子どものうちで6名が母子手帳が真っ白。火災で焼失というケースもあり事情は様々なのだが、とにかく最低限麻しんワクチンだけは受けないと入園できませんという話をする。のどがからからになるほどしゃべる。検診でこんなに声をからすのは珍しい。
とにかく、ひかっかかりの一日。検診の後で散髪に行こうと思っていたが時間がない。夜は新学期に備えて学生実習のスタッフミーティングがあり、都内に出かけないといけない。こちらではひっかからなければよいのだが。

|

« 激突 | トップページ | ACL 対アレマ・マラン(インドネシア)戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/14177634

この記事へのトラックバック一覧です: ひっかかる:

« 激突 | トップページ | ACL 対アレマ・マラン(インドネシア)戦 »