« 大黒家天麩羅 | トップページ | インフルエンザの動向その2 »

2007.03.12

インフルエンザの動向

先週の月曜日にインフルエンザはそろそろピークという記事を書いたが、その後も増え続けて今週はさらに多くなる気配。先々週と先週の新規診断数を比べると38→54と増加していて、今日は一日で23人。まだ天井は見えない。

現在の流行の大半はB型。A:B=1:3くらいだろうか。これまでの方針どおりA型で症状のキツイケースではタミフルを限定的に使い、高熱ではないケースやB型ではタミフルは使わないという方針を続けている。午前も午後も延長戦になり待ち時間は多い時だと1時間近くになる。インフルエンザや溶連菌では一人の患者さんを2回呼び込む事になるので、少しずつ遅れが蓄積される。最後の方の予約枠をとるとどうしても待ち時間が長くなる。
延長戦は前後半のトータルで2時間半。やってる方も待つ方もお疲れ様である。

|

« 大黒家天麩羅 | トップページ | インフルエンザの動向その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/14243321

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザの動向:

« 大黒家天麩羅 | トップページ | インフルエンザの動向その2 »