« 無事帰還! | トップページ | 応援の御礼 »

2007.02.19

東京マラソン一夜明けて

マラソンから一夜明けて目が覚めたら筋肉痛。寒くて長かった一日の名残りかと思うと心地よくもいとおしい。なんて、書こうと思ったけど、イタタ、イテテ、で階段を下りるのが大変。何とか午前中の診療は無事に終えたが、診察室の移動の辛いこと。今日は診察室固定でやりたかったなあ。

昨日の朝。屋根をたたく雨音で激しい雨はわかっていた。ふだんのマラソン大会ならまずその時点で目覚まし時計をとめて寝直したところ。そこはなんと言ってもスペシャルな大会。傘をさしカッパを着てスタート地点の新宿へ向かった。荷物を預けて走る格好になると急に冷える。トイレは渋谷駅ですませてきたがすぐに行きたくなる。スタート地点のトイレの混雑はたいしたことはなかった。スタートを待つ間の30分間にもまた尿意が押し寄せてくる。走り出したところですでにトイレはどこか状態。同じような人が多かったようで1kmほど行った新宿の大ガード下でランナーがずらりと並んで連れション。おい、おい、なんぼ隣がしょんべん横町だからといってもそれはまずくないかい。というこちらもこの理性と知性を捨て去れるなら並んでいっしょにやりたかった。5km地点の手前に仮設トイレを発見。ずらり長蛇の列。とりあえず最後尾に並ぶ。スタート早々、タイムはもうどうでもいいや状態に。10分近くかかってスッキリ。雨は止まず、ウェアもシューズもぐしょぐしょ。濡れたシューズでまめができる。とにかく、どんなことがあっても最後までいこうという気持ちで走り続ける。2度目のトイレは地下鉄の駅。こちらは比較的行列が短い。銀座を過ぎた当たりから脚があがらなくなり、浅草を折り返したところで足が止まる。30kmを過ぎたところからは寒さと空腹で歩いたり走ったりの状態になる。たまらずコンビニに飛び込む。あんまんなんか食べたいなと思って入ったが、すでに売り切れ。甘いパン類もほとんど無い。コロッケパンとナポリタンロールという不気味なおかずパンが残っていたのでコロッケパンを選ぶ。温かい午後の紅茶ミルクティーがこれほど美味なのを知らなかった。コンビニ食をすませたらなんだか復活して最後のゴールまで走り通せた。やっとの思いでゴールする頃には晴れていやがる。結局ゴールタイムは5時間13分。ネットタイムで5時間2秒。この2秒が悔しい。
レース終了後に蒲田まで足をのばしてお約束の風呂&宴会。みなそろって健闘をたたえ合う。美しい光景である。
帰宅してから今日の夜までテレビでは東京マラソンの話題で持ちきりという感じ。おおむね好評のようで、大会としては大成功というところか。これなら次回もありという感触である。立ちション事件が報じられないのが幸いかもしれない。
今夜のNHK「クローズアップ現代」でも東京マラソン。有森さんは昨夜から何軒掛け持ちなんだろう。そこでキャスターがやたらと、東京マラソンの発するメッセージとは何なんでしょう、東京はどういうメッセージを発すべきなんでしょうなんて間の抜けた事を聞いて有森さんが困っていた。なんでマラソンがメッセージを発しなきゃいかんの。マラソンはただのマラソン、まつりはただのまつりだ。そんなものにメッセージなんか込められた日には楽しさ半減、価値も半減だ。なにかうったえたいひとがいてその人がメッセージを伝えるのは勝手だが、大会としてこれこれをうったえますというのは勘弁して欲しい。マラソン大会に必要なのはメッセージではなくてマッサージだ。

|

« 無事帰還! | トップページ | 応援の御礼 »

コメント

そういうオチですか笑
筋肉痛の足で、コケましたイテテテテ。
しかし、思い出、思い入れのある東京の街を走るのは、それはそれは幸せな体験でした。
慎太郎には、善悪いろいろあるけれど、これは悪くない。
思想信条を越えて(すごく大きな壁を越えて)、この一件に関しては、ワタシは支持します。

投稿: Nao | 2007.02.20 00:04

先生、お疲れさまです。完走おめでとうございます!
お体大事になさって下さいね〜。
とりあえずマッサージでリラックス。。。^^;

投稿: ぴかまま | 2007.02.20 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/13977780

この記事へのトラックバック一覧です: 東京マラソン一夜明けて:

» 東京マラソン、平均視聴率は23・6% [とんみんくん]
市民ランナー約3万人が、駆け抜けた第1回「東京マラソン」は、 あいにくの冷たい雨の中、始まり、心配された、都心のマヒは起きず、 成功のうちに終わりました。 [続きを読む]

受信: 2007.02.19 23:41

« 無事帰還! | トップページ | 応援の御礼 »