« フィオーレ | トップページ | 「小児科を救え!」 »

2007.01.29

北千住で宴会

昨日は1月最後の日曜日。ここで長い距離を走っておかないと1月の走行距離の目標200kmが幻になる。多摩川の方に走りに出て、二子橋ー中野島の往復とプラスアルファで23km。これで200kmまであと6km、水曜日に織田で走れば達成できるはず。夜は北千住まで飲み会に出かける。電車一本で行ける事に感激。

なぜ北千住かというとこれが定かではない。集まったのは大学時代の友人たち。日本各地、北は北千住から南は南千住まで、集まったのは総勢は6人。一番遠くから来たのは岐阜で皮膚科を開業するI氏。私の皮膚疾患のコンサルタントというか師匠である。
某こども医療センターの麻酔科部長のH氏。下宿が同じで共同で自炊していた仲、というかほとんど私が食わせてもらっていた。
今や日本医師会の顔と言うべき立場の専務理事U氏。沖縄で講演をしてその足で羽田から駆けつけてくれた。講演や会議で引っ張りだこ、大忙しのようだ。今回の集まりも一番スケジュール調整が大変だった。
前の勤務先で漫才コンビ「小児(しょうじ)内科・小児外科」の相方だったO氏。今は千葉県の病院で小児外科から転身して小児科医となっている。早朝に病棟を回診して、外来では大人子どもあわせて150人は見ているとか。昼飯はほとんど抜き。朝からぶっ通しの外来が終わって夜から手術が入ることもあるという。働き過ぎ!。相変わらずの若作りで女子どもをたぶらかしているようだ。以前の病院にO氏が赴任してきた時、病棟のナースに同級生ですと紹介したら「ウッソォー!」・・・・。
某医療系都市伝説サイトの管理人で知る人ぞ知る奇人、やさぐれ精神科医のN氏。こちらとはちょいちょい飲み会をやっているので久しぶりと言うことはない。
こういう面々で途中から焼酎がぶ飲み状態に突入。昼間の23km走が効いてくる。なにか話は大盛り上がりだったのだが、一日経ったら何を話していたのかすっかり忘れている。そもそも、これは何の会だったのだろうか。

|

« フィオーレ | トップページ | 「小児科を救え!」 »

コメント

いつも子どもが先生にお世話になっている者です。
北千住なんてこの辺にいるとなかなか行かないですよね。
私は梶が谷在住ですが、実家は北千住に比較的近いところなので懐かしい響きに「北千住か、近いな。あれ、ここは梶が谷だった!」とびっくりしました。

北千住も駅前に丸井ができたりして様変わりしましたね。
先生達の集いだと、北千住じゃどんなところで集まるのでしょうか?

帰りも直通電車でゆっくり座ってこられるのがいいですね。
大分時間はかかりますが(*^-^*)

投稿: まー | 2007.01.30 21:14

梶ヶ谷-北千住だと直通で1時間ちょっとかかりますね。酔っぱらって乗ったらまず目的地には降りられません。
北千住のお店は東口の「明日香」という割烹でした。ちょっと高級感のあるお店ですね。

投稿: 院長 | 2007.01.30 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/13710159

この記事へのトラックバック一覧です: 北千住で宴会:

« フィオーレ | トップページ | 「小児科を救え!」 »