« 不完全燃焼 | トップページ | 閑中忙あり »

2007.01.22

カレーの日

今日は「カレーの日」なのだそうだ。カレー部部員でありながら不覚にも知らなかった。こんな大事なことを私の知らないところで決めるのは許せないぞと思った。情報はこちらから。

記念日学会のHPには

1982(昭和57)年、全国学校栄養士協議会で1月22日の給食のメニューをカレーにすることに決められ、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出された

とあるが、どうして1月22日なのかサッパリわからない。だいたい栄養士協議会なんてところで全国の給食メニューを勝手に決めていいのか。そこで調べてみることにした。
Wikipediaには「カレーの日」に関する記述はなかった。9月25日が火炎瓶で炎上した松本楼の再建記念日として10円カレーの日となっているのは紹介されている。
はてなの人力検索では「なぜ1月22日に決まったのか」という質問が見つかった。ここでの回答で「トリビアの泉の沐浴」が紹介されている。「日本全国の小中学校の給食を一日だけカレーで統一する計画があった(番組評価 63/100へえ)」というのがそれで、私は放送は見ていない。
なぜ、カレー?それは全国学校栄養士会が全国で好きなメニューの調査をした結果がカレーライスだったから。昔、このアンケート結果をまとめて「おかあさんはやすめ」って言ってまして。オムレツ、カレーライス、サンドイッチ、ハヤシライス、やきそば、スパゲティー、目玉焼き、だったかな。さらに全国どこでも材料が手に入りやすく調理しやすいことも決め手になりました。この計画の実行日は1982年1月22日。全国小中学校給食献立カレー化計画、ともいえるこの計画は戦後に学校給食が復活したことを記念する日である12月24日に実行する予定だったんですが、土日や冬休みと重なるため1ヶ月ずらした1月24日を中心とした1週間を「学校給食記念週間」とし、その中の22日を「統一献立日」としました。しかしこのカレー給食の日、既に献立が決まっていて変更できなかったので、実施したのは2割。「給食をカレーに、しーてしまえっ!」という筋肉少女帯みたいな計画、失敗!

ということで、何となく訳がわかった。同じ事を考える人はいるようでこちらではとっくの昔に以上のことをまとめておられるのだった。
今日来た小学生が「カレーの日」だというのに学校が振り替え休日で給食がなくてとても残念と言っていたので、「カレーの日」の認知度は無くなったわけではなさそう。それでも一般的に「1月22日の給食はカレー」というわけではなく、他にも聞いてみたが今日の給食がカレーだった学校はなかった。

|

« 不完全燃焼 | トップページ | 閑中忙あり »

コメント

高津・宮前区の小学校は、先週の月曜日がカレーでしたよ。同じ週の木曜日にはタンドリーチキンが
出ています。ボルシチの日もあるし、給食あなどりがたしです。 

投稿: はる | 2007.01.23 00:01

さすがにナンはでないでしょう。タンドリーチキンはオーブンで焼くんでしょうか。まさかタンドゥール窯で焼くわけではないですよね。

投稿: 院長 | 2007.01.23 10:17

給食はさすがなので、ナンもでます。キーマカレーの時はナンでしたよ。
タンドリーチキンはガラムマサラやヨーグルトで味つけした本格的なものみたいです(給食便りより)。

投稿: mはる | 2007.01.23 23:26

ナンもキーマカレーもでるのですか。恐れ入りました。

投稿: 院長 | 2007.01.26 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不完全燃焼 | トップページ | 閑中忙あり »