« 新年の診療開始 | トップページ | 水ぼうそうの正月 »

2007.01.08

丸沼高原

6日の午前診療が終わって大雨の中を関越道から丸沼高原スキー場へ。泊まりがけでスキー場に行くのは何年ぶりだろうか。強烈な低気圧が通過中とあってスキー場も荒天、気温が高いので雨である。4WDの威力で雪道も楽勝で到着。

翌朝は時々日がさす時間もあって、ここだけは低気圧の影響を免れているのかと思ったがその判断は甘かった。昼前から猛吹雪き。あまりの天気に戦意喪失、レストハウスで昼食を食ってそのままリタイア。元気な人たちは吹雪の中を飛び出していったが、ゴンドラが止まり、リフトも止まりで早々に引き上げてきた。夕方、ますます吹き荒れる吹雪の中車2台に分乗して日帰り温泉に向かう。マイクロバスを運転するのは町田のY先生。その勇猛果敢な運転に拍手である。途中で事故があって5kmほどの道のりに40分ほどかかる。吹雪で目の前が真っ白になって何も見えない状態。これが噂のホワイトアウトであろうか。強烈に熱い温泉につかって宿のペンションに戻り、ドイツワインの飲み比べの会。とっても甘〜い白ワインをぐびぐび飲んでバタンキュー。
8日の朝も吹雪。それでも前日の午後よりはだいぶまし。根性を出して横殴りの雪の中ばんばん滑る。雪は乾いた新雪が圧雪された状態で最高のコンディション。あ、俺って結構うまいじゃん、と勘違いさせてくれる。天気は悪かったが、スキー場で雪が降ったと言って文句を言っては罰が当たる。注射が痛いと言って文句言うのと同じである。そういうものなのだ。
とにかく怪我も事故もなく無事帰宅。車から荷物を降ろしたあと、さっと着替えて11kmほど走る。スキーとランでは使う筋肉がぜんぜん違う事を実感する。
さて、明日からまたお仕事。

|

« 新年の診療開始 | トップページ | 水ぼうそうの正月 »

コメント

町田のY先生って、O・Y先生の方でしょうか。もしかして。
以前、先生の白衣サイズの歴史に感銘をうけ(?)コメント入れたはずなのですが、なぜか入っておらず、今回はうまくいきますか。
滑ってないで、走りましょう!(なーんて)

投稿: Rie-chan | 2007.01.09 05:05

Rie-chan コメントどうもです
確かにY先生というのはO丸.Y口先生のことです。Y先生の所に毎週木曜日に代診できているI先生が今度東京マラソンを走るそうです。このI先生は私が病院勤めしていた時に研修医でまわってきていた若手で、12年ぶりのご対面になりました。宿で会ってお互いびっくり。しかも東京マラソン走るなんてね。その前にフロストと青梅に出るそうです。記録を聞いたらたいしたことありませんでしたが。

投稿: 院長 | 2007.01.09 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年の診療開始 | トップページ | 水ぼうそうの正月 »