« 今頃年賀状 | トップページ | 新年の診療開始 »

2007.01.04

カジノ・ロワイヤル

正月休みは今日で終了、明日は仕事始め。新年早々いくつか未解決の問題が残っていて少々気が重い。まあ、そんなことを考えても仕方ないので、休みの最後は映画に行くことにした。

「カジノ・ロワイヤル」「硫黄島からの手紙」「プラダを着た悪魔」、さあ、この三つならどれを観るか。映画館で観るのならやはり「007カジノ・ロワイヤル」でしょう。ということでバージンシネマ六本木へ。
最初から大音響のアクションの連続で、大画面の大きな動きには目が回る。息つく暇なしというのはまさにこのこと。話のつながりは、どうもよくわからないところが何カ所かある。もう一度最初から解説付きでみないといかんなあ。6代目ボンドのダニエル・クレイグはショーン・コネリーのボンドしか知らないので、やはりしっくり来ない。日下武史を若くしたような顔つきと思ったのは私だけか。新型ボンドカーにはAED(自動体外除細動装置)が設置されていて、さすが時代の流れを取り入れている。せっかくのフル装備ボンドカーだがあまりにあっけなくクラッシュしてしまうのがもったいない。もうちょっとカーチェイスをやってほしかったなあ。
ボンドの使うパソコンがVAIOのノート。デルやコンパックじゃ絵にならんのかな。そういえば英国製のパソコンてあるのだろうか。「女王陛下のノートパソコン」なんてやつ。

|

« 今頃年賀状 | トップページ | 新年の診療開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今頃年賀状 | トップページ | 新年の診療開始 »