« iMacの不調 | トップページ | 箱根 »

2006.11.21

感染症情報

先週末から水ぼうそうの局地的な流行がある。お隣のK幼稚園が震源地のようだ。水痘ワクチンの接種率は結構高いので、ワクチンを接種したのにかかったという子も何人か。軽症化を期待できるとは言え、接種したのに発症するのは困りものだ。

一番多いのは感染性胃腸炎。いわゆるゲボ風邪。先週から急増して、今週はさらに増えている。土日で救急を受診した人も多かったようだ。乳児で重症化しやすいロタウイルスは少ないようで、ノロウイルスがメインではないかと睨んでいる。まだ、ウイルス分離情報は入ってこない。
溶連菌感染症も少なくない。お母さんのひどい咽頭炎。調べてみたら溶連菌だったというケースも。
リンゴ病は少し減ってはいるがまだ散発している。
おたふくかぜは見かけなくなった。
今日もRSウイルス感染が一人。生後25日目。今のところ呼吸状態は悪くないのだが、ちょっと心配で病院宛のお手紙を持ってもらっている。
インフルエンザは今季まだ一人も出ていない。

|

« iMacの不調 | トップページ | 箱根 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/12773111

この記事へのトラックバック一覧です: 感染症情報:

« iMacの不調 | トップページ | 箱根 »