« フロンターレvsヴァンフォーレ | トップページ | テオフィリンと痙攣 »

2006.10.15

ダリ回顧展

上野まで「ダリ回顧展」を見に行く。来年1月4日までということだが、今日くらいしか行ける日がない。爆笑問題がCMをやっていて、結構派手に宣伝しているので混んでいるだろうなと覚悟はしていたが、いや、大変な混み方。

Dsc00381行列の最後尾に「入場まで30分」のプラカードがたっている。そこを横目にとりあえず腹ごしらえと、上野精養軒へ。いつ来ても、ここは客の年齢層が高い。三越の特別食堂といい勝負をする。私らくらいで真ん中と言うところか。とりあえずハヤシライスを注文。カミさんにカレーライスにしなよと水を向けたがハンバーグに逃げられてしまった。ハヤシライスは濃厚でこってり。肉が薄切りではなくかたまりをことこと煮たタイプである。
Dsc00385 食事して、コーヒーを飲んで万全の体勢で待ち列に戻る。プラカードは「45分待ち」に変わっていた。実際にはそれほどではなかったがとにかく文庫本の3分の1くらいは読めた。入場してみたら中はもっと混雑。絵に近寄ってみることができない。そうでなくても、思ったより小ぶりの作品が多くて絵も細かい。だまし絵を読み解こうとすると近寄らないといけないし、とにかく今日はダメだ。いつもは買わない展示品の写真集を2300円で購入して退散する。帰ってゆっくり見ることにしよう。

|

« フロンターレvsヴァンフォーレ | トップページ | テオフィリンと痙攣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/12299357

この記事へのトラックバック一覧です: ダリ回顧展:

» ★ダリ生誕100年記念回顧展 (東京・上野の森美術館) [廃盤日記(増補改訂版)]
  現在、上野の森美術館で開催されている『ダリ生誕100年記念回顧展』へ出掛けて来ました。サリバドール・ダリ氏の摩訶不思議な絵画は昔から大好きで、このタダ者でない芸術家の絵画をいつか本物で観てみたいと思っておりましたので、ちょうど良い機会が到来しました。 入口で当日券(大人1500円)を購入し、さっそく入館。今回は万全を期して音声ガイドのヘッドフォンも借りてみました。これで準備はバッチリOKです!! 館内には、スペイン(ガ... [続きを読む]

受信: 2006.10.16 20:54

» 映像】ダリ劇場美術館(スペイン)&日記リンク573人ありがとう♪ [あやしいふるほんやさん:アジアの迷宮]
スペイン東北部の、何のとりえもない小さな田舎町フィゲラスに、全世界から年間100万人もの人たちが訪れるそうです。去年の夏は、おいらもその中のひとりでした。☆左手上のガラスの巨大ドームの真下にある広間中央には、サルバドール・ダリの亡骸が埋葬されています。...... [続きを読む]

受信: 2006.10.24 15:45

« フロンターレvsヴァンフォーレ | トップページ | テオフィリンと痙攣 »