« 駅伝検診 | トップページ | 保存するかどうか聞いて! »

2006.10.22

八ヶ岳高地トレーニング

土曜日午後はインフルエンザワクチンの特別時間枠。4時過ぎまでかかる。フロンターレvsレッズはNHK総合ですでに始まっている。ワシントンにどかんとやられてイヤな予感がしたが、キーパーのファウルでPK。ジュニーニョがしっかりと決めて同点となる。

残念ながら最後までテレビを見ているわけにはいかない。八ヶ岳山麓の知人の別荘に夕食に間に合うように行かねばならないのである。ハーフタイムに出発する。後半はカーナビでテレビの音声を聴きながら走る。後半早々、森のクロスに中村憲剛がヘッドであわせる。逆転!とはいうもののまだ残り40分以上ある。音声だけではどんな得点だかわからないのが残念。直後にポンテに決められて同点。不安は的中。レッズの方が層が厚いだけに撃ち合いになったら不利だ。結局、このまま試合終了。勝ち点差7は縮まらず。
翌日は八ヶ岳ロードレース。出場する2人は早々にスタート地点の清泉寮へ向かう。残る応援部隊は朝寝してのんびりと朝食をとってから、コースの途中に出るべく山道を走って登る。これがキツイ。高地トレーニングである。なんと言ってもここは日本のボルダーだ(って、誰も言ってないが)。コースの道路にたどり着いたら、選手はとっくに通り過ぎた後だった。折り返し点まで少し走って戻ってくる2人としばらく併走。参加者は300人ほどで、応援も私たちくらい。思いっきり地味なレースである。
応援を終えて、別荘のオーナーが買い出しに行ってきた鶏肉と卵で親子丼を頂く。鶏肉は歯ごたえがあって味が濃い。卵はオレンジ色でこれまた濃厚。この中村農場では直売所で焼鳥や親子丼が食べられるが、いつも満員なのだそうだ。帰ってからネットで卵と鶏肉を注文する。えらく高い卵。鶏肉もびっくりするような値段。
帰路はお約束の渋滞。まあ、何とか無事にたどり着いた。明日から、またお仕事だ。

|

« 駅伝検診 | トップページ | 保存するかどうか聞いて! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/12385067

この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳高地トレーニング:

« 駅伝検診 | トップページ | 保存するかどうか聞いて! »