« 学生実習再開 | トップページ | 東京マラソン抽選結果 »

2006.10.04

保育園の検診

午後は保育園検診のはしご。園医をしている公立認可園は月曜日がレギュラーの検診日なのだが、この曜日固定だと月曜日が定休の子どもの顔をずっと見ることができない。なので、時には曜日をずらしてということで今日の水曜日に。二軒目は、私立の認定園。認定園では検診は年に1回でもよいらしい。

認可園と認定園の検診回数、月2−3回と年1−2回の差。同じ保育園でどうしてこう違うのか。横浜市では認可園でも年に2回だ。前から思っていることだけれど、月に2回も3回も園児全員を「もしもし、あ〜ん」して、なにかいいことでもあるのか。のどが赤いとか、とびひとか、ぜいぜいしてますねとか、そんなことを指摘するのなら毎日やらないと意味がない。こういうところの検診の意味は園児が保育園で生活する上での問題を見つけて対処法を考えるというところにある。月2回も3回も全員診察しても問題のある子はあるし、ない子はない。問題のある子どもはかかりつけ医と園が連絡を取りあう。そこをコーディネートするのが園医の役目だろう。園に出向いて検診するだけが園医の仕事ではないのだ。
園医の仕事を考えなおしてみる必要がありそうだ。

|

« 学生実習再開 | トップページ | 東京マラソン抽選結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/12151640

この記事へのトラックバック一覧です: 保育園の検診:

« 学生実習再開 | トップページ | 東京マラソン抽選結果 »