« ピカソとモディリアーニの時代 | トップページ | 「小児科を救え」 »

2006.09.19

連休明けの急病センター

連休明けの火曜日。さすがにこの季節になると混んでくる。午前午後と延長戦。おまけに、MRワクチン2期のお知らせが今頃配布されたために、予防接種の方も一杯になる。今日は小児急病センターの当番ということで、何とか7時までに多摩区役所に着かなくてはいけないのだが6時をまわった時点で待ち列が10名ほど。

先週末に電子カルテWINEStyleをバージョンアップした。今回のバージョン名は「メルロー」。その前の「カベルネ」より渋みが少ないか。新機能ですぐに目についたのが、受付患者一覧の画面に患者さんのステータスが顔マークで出る機能。診察待ち5分以内ならニコニコ、5分を過ぎるとちょっと渋い顔になって、20分を過ぎるとプンプン顔になる。今日の最後の方は、みなプンプンマークになっていて、こちらも焦る。結局診察終了が6時40分すぎ。片付けをさっとすませて多摩区役所の小児急病センターには10分の遅刻で到着。クリニックの混みようから考えて、こちらも一杯待っているに違いないと大急ぎで飛び込んだのだが、なんと誰も待っていない。ガラガラ。拍子抜けである。結局8時頃まで患者なし。その後ぽつぽつと着始めて、深夜のドクターと交代することには盛況になる。交代直前の嘔吐の乳児。浣腸してみたら下痢便だったので、胃腸炎でいいかと思ったが、すぐに帰すのはやめて後のドクターに経過観察を引き継ぐ。ちょっと気になる。
10時過ぎから大忙しになったので「結婚できない男」最終回はほとんど見れず。あとでビデオだなと思ったが、ちゃんと撮ってるのか心配。

|

« ピカソとモディリアーニの時代 | トップページ | 「小児科を救え」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/11964867

この記事へのトラックバック一覧です: 連休明けの急病センター:

« ピカソとモディリアーニの時代 | トップページ | 「小児科を救え」 »