« 雨、負け | トップページ | 連休明けの急病センター »

2006.09.18

ピカソとモディリアーニの時代

不安定な天気の中、午前中の雨の合間にささっと走って、午後はBunkamuraで開催中の「ピカソとモディリアーニの時代」を見に行く。

ピカソ、モディリアーニだけでなく、ビュッフェ、ルオー、カンディンスキー、クレー・・・ これが個人の収蔵品だのだそうだ。そのコレクションをもとに作られたのがリール近代美術館。いくら、青田買いが多かったとは言えこれはすごい財力と、それに眼力だ。館内はさほどの混雑もなく、なかなか快適な美術鑑賞だった。
デパート内のレストランで横浜のN先生ご夫妻とばったり。N先生とは先日の外来小児科学会の実行委員会でずっとご一緒したなかである。何となく行動パターンが似ているのだろうか。TANT TANTというイタリアンレストランだったのだが、ランチコースをたのんだら昼からガツンとくるボリューム、先ほどまでお腹が苦しかった。ほんとにタント。パスタだけとかにしておけばよかった。

|

« 雨、負け | トップページ | 連休明けの急病センター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/11950992

この記事へのトラックバック一覧です: ピカソとモディリアーニの時代:

» 「ピカソとモディリアーニの時代」 [ナナシ的エンタメすたいるNet]
Bunkamuraのザ・ミュージアムで 「ピカソとモディリアーニの時代」を観て来ました。 20世紀初頭のパリでルネッサンス以来の最大の美術革命と言われた キュビスムがピカソとブラックによって始められ、 同じころにモンパルナスの悲劇の画家モディリアーニは、 大都会の憂愁を..... [続きを読む]

受信: 2006.09.24 02:09

« 雨、負け | トップページ | 連休明けの急病センター »