« MR(麻しん・風しん)ワクチン | トップページ | 上海蟹 »

2006.09.26

スパムメール退治その後

gmailとniftyのスパムフィルターを使い始めて約一ヶ月。ほぼ満足のいくスパム対策ができるようになった。

gmailにはこれまでメインに使っていたスパムまみれのアドレスのメールを転送。最初niftyへ転送したのだが、くぐり抜けるメールがかなり多いので、gmailに変更。gmailのフィルターは優れものだがそれでもこれをくぐり抜けるスパムが一日に4−5通はある。それにgmailのPOP転送はどういう訳か、複数のコンピュータでメールをPOP受信すると転送されないメールが出てくる。設定の問題かとだいぶ悩んだが、受信トレイは一つの方が何かと便利なのでgmailのメールをniftyに転送してそれをPOPで受信するようにしてみた。そうしたら、niftyをくぐり抜けていたタイプのスパムメールはgmailのフィルターでブロックされ、gmailをくぐり抜けたスパムメールはniftyでブロックされることがわかった。主なメーリングリストやふだんの連絡用のアドレスはniftyに変えたので、gmailに来るのはメールマガジンやダイレクトメールのたぐいと、アドレス変更を知らない方からのメールだけ。この4週間のメールを見てみたら「受信トレイ」217通 「迷惑メール」1369通。一方niftyの方は、7日でサーバーから消去の設定にしてあるので、比較にはならないが、「受信トレイ」366通「迷惑メール」69通で、不得意なスパムメールはgmailで処理してくれるためかここ数日1通もくぐり抜けはない。また、スパムに認定されてしまった非スパムメールはこの2段方式にしてから2通だけ。これは、十分満足できる成果。毎日のゴミ箱あさりは止めるわけにはいかないが、スッキリした気分である。
これからはWebメールだという話なのだけれど、ブラウザでメールを見るのはマウス操作が多すぎるのと、反応にタイムラグがあるのが気に入らない。と、書いてみて、そういえばgmailにはキーボードショートカットの設定が書いてあったことを思い出した。Webメールでもキーボードだけで読めるみたいだ。うーむ。

|

« MR(麻しん・風しん)ワクチン | トップページ | 上海蟹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/12048860

この記事へのトラックバック一覧です: スパムメール退治その後:

« MR(麻しん・風しん)ワクチン | トップページ | 上海蟹 »