« 看護師さん募集 | トップページ | ひょっとして »

2006.09.14

結婚できない男

今季のテレビドラマでレギュラーで見ていたのは阿部寛の「結婚できない男」だけだった。それも来週が最終回。連続ドラマを続けてみる根性がなくなりつつある。

基本的に阿部寛の役柄は有能な建築士で高収入、もちろん背が高い絵に描いたような「三高」。そういう人が結婚できないわけはない。それでも、なるほど、そうかも知れないと思わせるキャラが絶妙である。で、仕事場と自宅で使っているのがPowerMacG5+シネマディスプレイ、サブのマシンがiMacG5とこれはどこかで見たような。そう、私のコンピュータの構成と同じなんですな。仕事の合間にPowerMacG5で高知東生のブログを「お、更新してるぞ」なんて見ている。この辺も似ているのだがちょっと違うのは私はRSSリーダーを使っていること。これなら、更新されたら通知が来るのでいちいち更新しているか見に行かなくてもよい。
変なのは、夏川結衣の女医さんの病院。いつもあんなヒマで成り立つのだろうか。それより、みんな受付もしないで直接診察室に入ってくるぞ。「あら、どうなさいました?」って、ふつう入ってくる時にはカルテが届いているぞ。
カミさんが不思議だって言うのは、建築士をやってて、毎日あんなふうに日のあるうちに仕事場を離れられるのだろうかということ。カミさんは建築士なので、そういうライフスタイルは建築士ではあり得ないというのだが。
ともあれ、阿部ちゃんがとってもよろしい。ぴちっとしたポロシャツのあのファッション、ダサイことを現しているのだろうが、私なんかから見れば、あんなのも「あり」なんだって勇気づけられてしまう。この夏、ポロシャツをズボンの外に出して着ていてよかった。おなかがすーすーして落ち着かなかったのだけど。

|

« 看護師さん募集 | トップページ | ひょっとして »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/11897660

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚できない男:

« 看護師さん募集 | トップページ | ひょっとして »