« インフルエンザの取材 | トップページ | 看護師さん募集 »

2006.09.12

サービス残業

娘がIT関連企業に就職して1年半になる。帰宅は深夜のタクシー、朝は私より早く出て行く。土日はというと、ちょっと気になることがあるといっては会社に顔を出す。会社に行かない時は車でスノーボードだ、海だと出かける。要するにほとんど家にはいない。

超過勤務手当が付くのかというとそうでもなく、深夜のタクシー代が場合によって出るくらい。もっとも本人に「残業」の意識は全くない。「9時5時」の仕事なんてつまんないでしょ、というのが本人の気持ちである。これで、事故に遭ったりうつ病にでもなったら労災だ労働基準法違反だということになるのだろうが、本人がすすんでやっているのだからどうしようもない。研修医の過剰労働ということがよく問題になるが、基本的には同じ構造の問題。病院に長くいればいるほど経験値をアップするチャンスがある。なんといっても毎日が面白い。それで過労になれば元も子もないが、生き延びた人に取っては、そういう時期があってもいいのではないかと思う。
過剰労働の娘は遅めの夏休みを取ってバリ島に旅行だという。
「誰と行くのかなあ・・・」とうろつくオヤジ。
「友達と」
「どういう友達かな」
「同期」
「・・・・」
心配などしてやらんわい。

|

« インフルエンザの取材 | トップページ | 看護師さん募集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/11871128

この記事へのトラックバック一覧です: サービス残業:

« インフルエンザの取材 | トップページ | 看護師さん募集 »