« 「小児科を救え」 | トップページ | 看護師募集は不調 »

2006.09.21

MRワクチン2期

6月2日に発効した予防接種法の改正で、1歳過ぎに麻しん、風しんのワクチンを別々に受けた人も学齢前の1年間(年長さんの学年)の間にMRワクチンの2期を受けることができるようになった。やっと、麻しん・風しんが「先進国並み」の2回接種になったわけだ。

この件で市からのお知らせのハガキが9月14日に出されたらしい。それが届いて、あれ受けなくっちゃ、ということで今日からMRワクチン2期の接種希望者がどっと押し寄せることになった。ワクチンの在庫はあっという間に底をついて、大急ぎで追加注文をだす。今月中にMRをすませておかないと、来月にインフルエンザの1回目が打てない。まあ、同時接種という手もあるのでなんとかなるのだが、お知らせの届くタイミングとしてはあまりよろしくない。6月2日に発効したのなら遅くても7月にはお知らせを発送すべきだろう。それを、夏休みは予防接種をしない医療機関もあることを考慮して9月にずらしたというのだが、いかがなものだろう。夏に予防接種をしてはいけないというのは、予防接種をしたあとお風呂に入ってはいけないというのと同じレベルの迷信。医学的に納得できる根拠はない。夏に予防接種をやらないのは医療機関の勝手だが、行政がそのペースにあわせる必要はないと思われる。

|

« 「小児科を救え」 | トップページ | 看護師募集は不調 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/11983791

この記事へのトラックバック一覧です: MRワクチン2期:

« 「小児科を救え」 | トップページ | 看護師募集は不調 »