« 決戦前夜 | トップページ | 川崎先生のパーティ »

2006.06.23

戦い済んで

朝4時起きして臨んだ対ブラジル戦だったが、玉田のゴールも一瞬の夢。後半3点目をとられたところでオーストラリアークロアチア戦にチャンネルチェンジする。こちらは本当に死闘というような一戦。ロナウドの4点目は拝めず。ロナウドには罰ゲームみたいだったがそこで2点。いくら太っても底力が違う。

すでに最初のオーストラリア戦で脱力しきっていたためか、今日はさほどの落ち込みはない。2敗1分けというのは結局妥当なところだったのだろう。さて、ブラジルに負けてしまったので東京マラソンのエントリーはなしということにするかどうか。もうちょっと悩んでみることにする。その前に、今度の日曜日はちょっと長い距離を走らなくては。
9月の外来小児科学会で早朝ジョギングを企画しているのだが、コースを決めて試走するという仕事もある。
昨夜早寝したために見れなかった「医龍」をビデオで見ようと思ったら、娘が何やらタイマー録画中。録画しながら再生できるビデオなんて必要な人がいるのか、というのがかねてからの疑問だったが、その疑問が氷解した。

|

« 決戦前夜 | トップページ | 川崎先生のパーティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/10651164

この記事へのトラックバック一覧です: 戦い済んで:

» 医龍 [オタク道]
ドラマになるとは思いもしなかったが。 これは正直お卒めなので、読むべし。 正直、ホントかこれ? というシチュエーションもあるがお卒めである。 火傷の後が龍の形というのはどうだろうか; 基本的にはスゴイ医者系の話である。何度もいうようだがお卒めである。... [続きを読む]

受信: 2006.06.25 16:22

« 決戦前夜 | トップページ | 川崎先生のパーティ »