« お仕事ノンストップ | トップページ | Nike+iPod »

2006.05.23

肘内障

午後の診療が終わってスタッフも着替えて帰ろうとしているところに電話が入る。肘が抜けたみたい、近くにいるので今から行って診てもらえないかという。これまで何度か「肘内障」の整復をしている子どもらしく、お母さんも状況はわかっているようだ。

電話をしながらスタッフルームをのぞくとちょうど皆さん出るところ。まあ、いいか。肘内障なら介助も要らない、薬も出さない、マル乳なら窓口の会計もないから院長一人でも何とかなる。スタッフが帰ったあとの診察依頼はまず受けることはないのだが、今回は受けることにした。実は、「肘内障」が好きなのだ。
なんといっても、腕が痛い、腕が上がらないと泣いている子どもの腕をちょこちょこっと回して曲げるとあら不思議治ってしまいましたという醍醐味がある。手品のようだ。一度こつをつかんだら失敗することはまずないし、万一整復に失敗しても命に関わることでもない。小児科で見る病気のほとんどが放っておいても自然に治るのだが、「肘内障」は何かして「治った」という実感がある。そのうえ、保険診療上大変優遇された点数がついている。「小児肘内障非観血的整復術」というのだが、この手技料が600点(6000円)。初診料、時間外加算などを入れると、「いいお客様」である。
そんな事を考えながら待っているとまた電話がはいる。今、クリニックの前まで来たのだけど、自然に治ったみたいで、痛がらないし、腕も挙がってバンザイができますという。そうですね、治ってますね、と電話を切る。
うーむ、肘内障も自然に整復するのであった。

|

« お仕事ノンストップ | トップページ | Nike+iPod »

コメント

ははは、、
面白いこともあるんでね。

投稿: shimo | 2006.05.24 08:04

「取らぬ狸の皮算用」をはじめたからでしょうかねぇ。

投稿: pico | 2006.05.24 13:19

。・゚・(ノД`)ヽ(゚∀゚ )アヒャヒャ
先生、残念でしたね^^;
うちの子も初めて肘内障で接骨院に行って、こにょこにょ!っと入れてもらった時は、Drが神様の様に見えたものでした!!

投稿: hitomi Seo | 2006.05.25 17:56

肘内障はこきっと入る感じがいいのですよ。
小児科に来るのはそう多くはなくて、年に3−4人くらいかな。だから、大事にせねば。

投稿: 院長 | 2006.05.25 18:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/10212976

この記事へのトラックバック一覧です: 肘内障:

» 子鬼、世にはばかる [かーてぃの笑止千万]
久々の子鬼ネタ 今日の朝 ? 左腕がやけにだらーんとしてるのですよ ? 子鬼の ? 触ると痛がるので ? 事情を聞けば、奥さんが ? そーいや引っ張ったかな ? と ? 抜けてませんかね?ということで ? 朝一で整形外科に連行したですよ ? 結構混んでましてね ? 平... [続きを読む]

受信: 2006.06.20 16:24

« お仕事ノンストップ | トップページ | Nike+iPod »