« 1歳半検診&電子レセプト | トップページ | アデノウイルス感染症のあれこれ »

2006.05.18

重版

以前監修をした「わかりやすい赤ちゃんと子どもの家庭の医学」(ナツメ社) という家庭医学書がある。あんまり売れてなさそうで、クリニックでも置いてはあるがまだまだ在庫ありの状態だった。昨日、その本の編集元から連絡がある。重版になるので訂正する箇所があれば至急訂正箇所を送れというのもの。まあ、地味に売れていたようだ。

とっさに訂正箇所は思いつかなかったのだが、編集者の方から予防接種スケジュール表の訂正が必要という連絡が来る。MRワクチンが始まる前のスケジュールだったので、確かに改訂するのであれば絶対に必要な訂正である。MRワクチン以外にも日本脳炎第3期が廃止になった事も入れないといけない。MRワクチン開始に伴って従来の麻疹、風疹の単抗原ワクチンは定期接種から除外された事も書かねばならないのだが、4月になって急転直下単抗原ワクチンも定期接種として認めるということになった。こう急にころっと変えられるとこういう本の出版元はたまったものではないが、今回はちょうどいいタイミングだったといえる。
ちょうど同じ日に長い間原稿を渡したまま日の目を見なかった「教師のための救急百科」という本が完成したというので送られてきた。私が書いたのは3項目だけ。原稿を渡してから3年近くの月日が経っていた。その間に学校などでも「自動体外除細動器(AED)」が設置されるようになっていて、内容が陳腐化していた。出版間際の校正で大幅な書き換えをして漸く完成。
この手の本は鮮度が命である。

|

« 1歳半検診&電子レセプト | トップページ | アデノウイルス感染症のあれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/10132217

この記事へのトラックバック一覧です: 重版:

« 1歳半検診&電子レセプト | トップページ | アデノウイルス感染症のあれこれ »