« 茶髪った | トップページ | 連休前 »

2006.02.09

新しいクリニック

駅前の通りにあったCDショップが昨年10月末で閉店した。今年に入ってその建物に内装業者が入ってなにやら工事中だ。

いったいどういうお店が入るのだろう。クリニックのスタッフは毎日前を通るので興味津々。やはり、食べ物屋さんがいいぞ、というのが大方の意見。全面ガラス張りの外観からするとブティックとか美容院なんかが入りそうだが、美容院は多すぎるし、ブティックをあそこでやってもうまくいかんぞ。それより、なんと言ったって食べ物屋だって。イタリアンは真向かいにあるのでパスしてもらって、インド料理とか本格中華とかが入ればいい。小じゃれた洋食屋なんかでもいいかも知れない。とろり系のオムライスとか。
そんな話をしていたのだが、新しいお店は食べ物屋でも美容院でもブティックでもなかった。内科のクリニックだそうだ。隣の床屋情報では女医さんらしいというのだが、どうやらこれはガセネタで男の医者らしい。別の筋からの話では、このクリニックの開院に医師会と既存のクリニックが大反対なのだそうだ。地域医療の和を乱すのだという。わかりやすく言えば、商売敵は来るなということである。
かつてはたいていの医師会に新規開業を調整する「適正配置委員会」なんてものがあった。診療科目がかぶるクリニックからは最低何メートル離れていなくてはいけないとか、近隣のクリニックの推薦状がないと医師会には入れないとかいろいろあった。それが独占禁止法に触れるというので、今ではこういう事を露骨にやることはできなくなって表向きは姿を消した。医師会に入らなくたって開業はできる。昨今は医師会に入って雑用を押しつけられるのを嫌ってあえて入会しない開業医も多い。そういうご時世に、新規入会を拒んだところで、結局医師会の組織率が落ちるだけ。どうせ新規参入を阻止できないのだから気持ちよく入会させてあげたらどう、と思ってしまう。こんな事を書いてると医師会八分にされるかも(笑)

|

« 茶髪った | トップページ | 連休前 »

コメント

既得権というのは難しいものですね。
少子化が進み、人口減少となれば、多くの産業でこういうことが起こるのでしょうか。
それとも、海外から多くの人を受け入れる社会に舵を切るのですかね。

投稿: Naoi | 2006.02.10 09:14

こういうのってピアノの個人教授をするのにもあったみたいです(今はどうかわかりませんが・・・)。
既存の個人教室の半径何キロ以内に新しい教室を開いてはいけない、のような。
といっても某社の互助会のような組織に登録するかしないかに左右されるのですが。。

投稿: のらつる | 2006.02.10 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/8586134

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいクリニック:

« 茶髪った | トップページ | 連休前 »