« 13日の金曜日 | トップページ | 週明けのインフルエンザ »

2006.01.15

お好み焼き

土曜の午後、診療終了後に奈良の病院へ直行する。母は腕にワイヤを通されて牽引されている。痛みがあるのかよくわからないが不穏な状態が続いている。

カミさんとバトンタッチして一晩ベッドサイドでお付き合いをする。ボンボンベッドを借りられるらしいが、とても寝ていられるようなスペースではない。興奮したり、泣き出したりで寝てくれない。朝の6時頃、牽引の方向を修正してもらったらやっと眠った。痛かったのだろうか。お互いにとって長い一夜だった。
朝10時前に家政婦紹介所から付き添いさんがきた。ケアマネージャーの紹介で来てもらうことにした。基準看護とはいえ手のかかる患者さんには24時間付き添いをしてもらうというのだが、やはり釈然としない。県立病院ではこれが常態のようだ。
modan 昼前に奈良経由で東京に戻る。高校生の頃行きつけだったお好み焼きの「K」にたちよる。昔は「お好み焼き」と「焼きそば」しかなかったメニューだがその後に「鉄板焼き」や「モダン焼き」「田舎焼き」「洋食焼き」などいっぱい。カウンターで若い兄ちゃんが焼いたのを各テーブルの鉄板に持ってくる。客に焼かせてくれない。最近はどこのお好み焼き屋もこのシステムだ。それなら上手に焼いて欲しいと思う。焼き方も、マヨネーズのかかり方も、青のりの振り方も、鰹節のかけ方もなんかちょっと違うんじゃないかと、思い出と現実のはざまを実感する。

|

« 13日の金曜日 | トップページ | 週明けのインフルエンザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/8177683

この記事へのトラックバック一覧です: お好み焼き:

« 13日の金曜日 | トップページ | 週明けのインフルエンザ »