« 「贋作・罪と罰」 | トップページ | 13日の金曜日 »

2006.01.12

年明けの感染症情報

年明けからそろそろ2週間。今週から学校も始まったので感染症が増える時期である。

インフルエンザは年末年始も小流行はあったが今のところ大きな流行になる気配はない。毎日1−2例はあるが、その程度。全部A型。
やたらと多いのが水ぼうそう。今週に入ってばたばたとやってくる。保育園が感染ルートになっているケースが目立つ。おたふくかぜも多い。反対に年末に猛威をふるったノロウイルスと思われる胃腸炎はすっかり少なくなった。
伝染性紅斑(リンゴ病)が今週に入って2例。このところずっとゼロだったので近隣で小流行があるのかも知れない。
麻疹は2003年5月を最後にゼロが続いている。「1歳のお誕生日にははしかワクチンを」キャンペーンの成果と思われる。風疹もずっとゼロ。ゼロ歳児で保育園に入る赤ちゃんには9−10ヶ月ではしかワクチンをお勧めしていたのだが、この様子では1歳まで待って接種しても大丈夫。ということで、ゼロ歳児のはしかワクチンはお勧めからはずしている。

|

« 「贋作・罪と罰」 | トップページ | 13日の金曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/8131798

この記事へのトラックバック一覧です: 年明けの感染症情報:

« 「贋作・罪と罰」 | トップページ | 13日の金曜日 »