« 日帰り帰省 | トップページ | スピルバーグの「ミュンヘン」 »

2006.01.09

浅草で天ぷら

元上司の川崎富作先生に浅草で天ぷらをゴチになる。80歳を過ぎてますますお元気。毎朝6時には上野公園でラジオ体操されているという。

sensoji少し早く着いたので浅草寺にお参りして行く。仲見世から境内まですごい人である。これでも三が日に比べればずいぶん少ないそうだ。どの店も昼の12時で長い行列ができている。
目指すは「大黒家」、こちらも待つ人が表まであふれている。行列を尻目に2階へ。5人で2テーブルを占拠、さすが浅草は川崎先生のテリトリである。
酒が入ると耳にたこができるほど聞かされた日本の官僚制度批判や、東大批判が絶好調。最近はあまり聞く機会がないので新鮮に聞こえる。今なお原因が突き止められない川崎病で最近注目されている仮説があると言う話を伺う。原因究明には常にアンテナを張り巡らせておられる。こっちが最近そう言うことに不勉強なのでなかなか話について行けない。
日本人は科学の精神を学ぼうとしないで成果ばかりを求めるというベルツが残した苦言を引いて、お開きとなる。浅草の雑踏で握手をしてお別れしたが、いつもながら柔らかくて温かい手だ。
コースの最期に出てきた天丼が普通サイズ。例の真っ黒いたれに浸かった天ぷらがどんぶりからはみ出している。上品にからりと揚げてあって塩でいただくような天ぷらとはまた別の食べ物と考えることにする。
それにしても昼酒は効く。帰宅して夕方までバタン。

|

« 日帰り帰省 | トップページ | スピルバーグの「ミュンヘン」 »

コメント

最近、大黒やのでっかい海老天を食べていない。尻尾までバリバリ食べれるくらいパリパリなんですね。
あのような真っ黒なタレは、伊勢ウドンのタレとチョット似ているんんじゃないですか?

投稿: shimo | 2006.01.11 07:51

あのでっかいエビの尻尾が食べられるのですか。知りませんでした。みな残してましたよ。伊勢うどんというのは残念ながら食べたことがないです。

投稿: 院長 | 2006.01.11 17:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/8086743

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草で天ぷら:

» 雪の浅草は伝法院通り【浅草】 [不味いメシなら喰うな!]
粉雪舞うどころか吹雪さながらの雪になりました。昼過ぎに浅草へ向かう。雪の浅草は初めてですがなかなか乙なもの。さすがに人出も少なくて。こんな時にはいつも並んでいる大黒家で天麩羅を。天麩羅は嫌いな訳ではないですが思えばブログでは初めてです。いつもは蕎麦屋で食....... [続きを読む]

受信: 2006.01.21 22:14

» 雪の浅草は伝法院通り【浅草】 [不味いメシなら喰うな!]
粉雪舞うどころか吹雪さながらの雪になりました。昼過ぎに浅草へ向かう。雪の浅草は初めてですがなかなか乙なもの。さすがに人出も少なくて。こんな時にはいつも並んでいる大黒家で天麩羅を。天麩羅は嫌いな訳ではないですが思えばブログでは初めてです。いつもは蕎麦屋で食....... [続きを読む]

受信: 2006.01.21 22:15

« 日帰り帰省 | トップページ | スピルバーグの「ミュンヘン」 »