« 体脂肪率の怪 | トップページ | 小児急病センターは嘔吐ばかり »

2005.12.17

インフルエンザワクチン枠終了

今季最後のインフルエンザワクチン専用の時間枠が終了した。思えば長い道のりだった。せっせせっせの単純作業はなかなか時間が経過しない。できるかぎりにこにこと、笑顔を絶やささず。暴れて蹴られても、ツバかけられても、慈父の笑顔で注射するのであります。

まだかなりの積み残しはあるがとりあえず予約枠は終了で、2回目をまだ受けていない人や予約が取れなかった人は通常の診療時間に来てもらうことにしている。ワクチンはまだ余裕がある。
これからの積み残しの接種を加えると昨年よりかなり多い接種数になりそう。電子カルテになっても予防接種の律速段階はカルテ記載のところではないので紙カルテ時代とほとんど処理能力に違いはない。受付が紙カルテを予約票を見ながら出すという作業がなくなったことは大きい。
あとは問診票がまだ「紙ベース」であること。接種医と親権者の「サイン」が必要なこと。このあたりが完全ペーパレス化へのネックとなっている。まあ、何でもかんでもペーパレス化しなくてもよいのだけれど。

|

« 体脂肪率の怪 | トップページ | 小児急病センターは嘔吐ばかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/7665358

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザワクチン枠終了:

« 体脂肪率の怪 | トップページ | 小児急病センターは嘔吐ばかり »