« 思春期の心とからだ | トップページ | 春の雪 »

2005.11.22

インフルエンザはまだ

市内でインフルエンザの患者さんが出ているという情報なので、先週あたりからもしやと思われる症状の人には迅速検査をしている。今のところ、陽性者なし。

まだこの時期に、インフルエンザはあっても散発で、流行という状態ではない。それでも何となく落ち着かないのは、鳥インフルエンザのヒトへの感染例が世界中に拡がってきているというニュースが連日報じられるせいだろう。今にも突然変異した新型インフルエンザが大流行しそうな気分になってしまう。どこかで書いてあったが、すでに導火線に火はついていると。
今日で発熱4日目、よそで抗菌薬の点滴を受けているが熱が下がらないという子がいた。血液検査ではウイルス感染パターン、もしやともって鼻水を検査したがハズレ。今RSウイルスの検査キットを切らしているのでできなかったが、RSかもしれない。

関係ないが、鳥つながりで。
トリノオリンピックって耳だけで聞くと「鳥のオリンピック」って聞こえる。「サルのオリンピック」とか「イヌのオリンピック」とかそういうのもあるんだろうな。昔大阪ローカルのテレビ番組で「部長刑事」というのがあった。「これは人間警察官の物語である」というナレーションがショスタコビッチの交響曲第5番をバックに流れるのだが、あれも「犬の警察官」なんてあるのかと子供心につっこんでいたなあ。その後「犬のお巡りさん」というのはいるのだと知ったのだけれど。
あ、何を言っているのやら、、、

|

« 思春期の心とからだ | トップページ | 春の雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/7269072

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザはまだ:

« 思春期の心とからだ | トップページ | 春の雪 »