« インフルエンザワクチン予約終了 | トップページ | 上海蟹だ、フォーッ »

2005.11.15

タミフルの副作用

インフルエンザ治療薬 「タミフル」の奇怪な副作用が話題になっている。タミフルを服用した中高生2人が直後に異常な行動をとって事故死したというもの。はたしてタミフルと因果関係があるのかどうか。

タミフルの発売ですっかり影が薄くなった先輩格の抗インフルエンザ薬「シンメトレル」には使いにくい副作用があった。服用後に興奮したり、妙にハイになったり、うわごとを言ったり、ひどいときには暴れ出したりすることがある。これは一応シンメトレルの副作用という了解があった。インフルエンザにかかっただけでも、こういう興奮状態になったり異常行動を起こしたりすることがあるのは知られている。しかしシンメトレルは抗インフルエンザ薬として承認される前からパーキンソン病の治療薬として長く使われてきて、こうした副作用はすでに明らかになっていた。タミフルにはそう言う歴史がない。タミフルが出たときに歓迎されたのは理論的に中枢神経系の副作用が少ないということだったが、それが確かめられていたわけではなかった。
昨シーズンで言えばおそらく医療機関にかかってインフルエンザと診断された人の8割はタミフルを飲んだのではないか。とすれば、タミフルを飲んだから異常な行動をした可能性もあるが、インフルエンザにかかったので異常な行動をしたと言う可能性も同じくらいある。さらに言うなら、そんなことと関係なく別な原因があった可能性もある。
今のようなごくわずかの症例で結論を出すのは不可能だろう。とすれば、今後も症例の蓄積と分析をすすめること、何でもかんでもタミフルといった無差別爆撃はやめること、というあたりが当面の落としどころになるのではなかろうか。
政府は新型インフルエンザの流行に備えてタミフルの備蓄を強化すると発表した。新型インフルエンザが流行すれば最悪で国民の4分の1がかかって、17-64万人の死者が出るという試算だそうだ。その時のための特効薬という位置づけなのだが、本当に特効薬なのかいささか疑問がある。この数年のインフルエンザに対するタミフルの効果は「合併症は減らさない」、「有熱期間は約1日短縮」すると言う程度のもの。これが新型インフルエンザに対してどの程度有効か。タミフルを飲んでも飲まなくても死亡率に変わりはなかった。生き残った人のなかで比べればタミフルを飲んだ方飲まないより熱が1日早く下がった。なんて結論が出る可能性だってある。

|

« インフルエンザワクチン予約終了 | トップページ | 上海蟹だ、フォーッ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/7133423

この記事へのトラックバック一覧です: タミフルの副作用:

« インフルエンザワクチン予約終了 | トップページ | 上海蟹だ、フォーッ »