« 変身 | トップページ | ネットオークション »

2005.11.10

「青梅」が「東京」に抗議

2年後の2月に都心をコースにした3万人規模の「東京マラソン」が開催されることになった。ところが同じ2月には老舗の市民マラソン「青梅マラソン」がある。同時期の開催に「青梅」が「東京」に抗議したという。

確かに2月に東京マラソンが開かれたら青梅マラソンの参加者は激減するだろう。30kmとフルの違いがあるとはいえ青梅を走る人は大抵フルも走る。今の私がフルを走れるかどうかはさておき、2月に両方は無理。どっちかにでるとなれば、やっぱり「東京マラソン」になるだろう。「青梅」の心配はごもっともである。
では、新参者の「東京マラソン」はいつならよいのか。10月はまだ暑いからダメ。11月は東京国際女子マラソンがある。それに河口湖、つくば、大田原など老舗の大会も目白押し。12月は首都圏で大きなマラソン大会はない。競合はしいていえばホノルルくらいか。でも師走というくらいでわざわざマラソン大会を開かなくても先生だって走っている。1月はもともと東京シティハーフマラソンが行われていた。競合するのは「館山若潮マラソン」。2月は「東京マラソン」の元になる「東京国際マラソン」があったのでこの日にすれば交通遮断の日が増えないというメリットはある。3月は荒川マラソンがある。こちらも新参マラソンだが、すでに市民権を得ている。でも同じ月に都心を走る制限の緩い市民マラソンが開かれたひとたまりもないだろう。
というわけで、当たり前のようだが、誰もがここならいいよという日はない。個人的には1月がいいかなと。どうせ1月も2月も寒いことに変わりはないのだし。あ、そんなことを心配するより、1週間後にハーフマラソンを完走できるかどうかの心配をした方がいいって?

|

« 変身 | トップページ | ネットオークション »

コメント

この問題深刻で、私の方でも特集しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/zenikinnyama/16697088.html

投稿: 山中鹿次 | 2005.12.16 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/7024149

この記事へのトラックバック一覧です: 「青梅」が「東京」に抗議:

» 東京マラソン開催のためNY視察(石原都知事)青梅マラソン側が抗議 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「東京マラソン開催のためNY視察(石原都知事)青梅マラソン側が抗議」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました... [続きを読む]

受信: 2005.11.11 21:53

« 変身 | トップページ | ネットオークション »