« 秋模様 | トップページ | 勉強会 »

2005.10.07

明日の運動会

クリニック近隣の幼稚園の多くは明日が運動会。数日前から土曜日までに治してちょうだいというお願いが重なっている。どうもお天気が良くないので、明日はダメでも雨天順延の日曜日なら間に合う子もいるかも知れない。

本人が良くても下の赤ちゃんが熱を出していたりしたら、連休に入ってしまうので土曜日に診察に来ないとマズイ。赤ちゃんの熱も今日中に治して、というお願いもある。
毎度この件では書いているのだが、なかなか「治す」なんてことはできない。子どもの病気の大半は「治す」のではなくて「治る」のである。医者にとって大切なことは、自然に「治る」ことをじゃましないでおくことである。
とはいえ例外もある。今日来た熱の赤ちゃん、元気も悪くないし初めての熱だと言うし、これはてっきり突発性発疹かと思った。突発性発疹なら3日は熱が出るよとい言いながら血液検査してみたら白血球は増えているし、炎症の反応も出ている。これは最近重なっているいやなパターンかなと思ったら、あとになってやっと採れた尿から尿路感染症ということがわかった。それなら、すぐ抗菌剤を飲み始めれば1日で熱が下がるはず。運動会には間に合いそう。だが、なかなかここでキッパリと、明日には熱が下がっています、とは言いにくい。たぶん下がるはずです、、、下がってるといいですね、、、とトーンダウン。
検査も何もしないで、「熱ですね抗生剤出しておきます」というのでも結果は同じというのは腹立たしいが、これでは次につながらない。やっぱりきちんとした診断が大切って、今日は何の話をしていたのだっけ。
そう、「治して」ってお願いされて「治せる」こともあるということ。この答えは明日に出るはず。

|

« 秋模様 | トップページ | 勉強会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/6298810

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の運動会:

« 秋模様 | トップページ | 勉強会 »