« 目黒「ラクシュミー」 | トップページ | アタマジラミ »

2005.09.22

「突発性発疹」の取材

ゼロ歳児をもつ親を対象にした育児雑誌の記事で「突発性発疹」を取り上げるという。その内容についての取材ということでライターが来訪。6時過ぎには診療が終わる予定が時間超過、だいぶ待ってもらった。

赤ちゃんの最初の発熱のエピソードで一番多いのが「突発性発疹」。順調に育ってきた赤ちゃんにとっては最初の関門であることが多い。熱に対する心構えや、対処法などの話をする。夜中に救急に飛んでいくことはないよと口を酸っぱくして言う。「突発性発疹」は熱が3−4日と長く続くことが多いが、ウイルスによる熱なので抗菌薬は効かない。でも、昨夜「救急」に飛び込んできたといって来た人はほとんどが抗菌薬を出されている。1日くらい抗菌薬を飲んだところで大きな害はないだろうが、逆に1日くらい早く抗菌剤を飲ませたところで重症の細菌感染症には効果はない。細菌検査をする時にわからなくなるだけだ。
今日熱が下がって発疹が出たというあかちゃん。すごく機嫌が悪いという。熱が下がっているのにどうしてでしょうと言って来た。これがよくある経過で、熱があるときは比較的機嫌がいいのだが下がって発疹が出てからが大変というもの。軽い病気だと思っているからよけいにあせる。本当に「突発性発疹」なのだろうかと。
そう言う話をまじえて取材は無事終了。短時間で終わったが、顔写真を撮るというのデジカメを出された。セットする時間がなかったではないか。

|

« 目黒「ラクシュミー」 | トップページ | アタマジラミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/6070131

この記事へのトラックバック一覧です: 「突発性発疹」の取材:

« 目黒「ラクシュミー」 | トップページ | アタマジラミ »