« うなぎ弁当 | トップページ | 小児科専門医の資格更新 »

2005.09.25

法隆寺

母の様子見にグループホームへ。転倒した時の怪我はたいしたことはなかったようで、表情も穏やかだった。以前のような落ち着きのなさも消えていた。

houryuji話をしても記憶は新しいものから失われていって、古い記憶も糸をたぐり寄せるようにしてやっとつながる。昔飼っていた猫の話をしても猫の名前は出てこない。
ちょうど昼ご飯だというのでタクシーをよんでおいとました。
まっすぐ帰るのもつまらないので、法隆寺に行くことにした。境内は連休とあって賑わっている。拝観料を払って中に入る。金を払って境内に入るのはひょっとしたら初めてかも知れない。これまでは「聖徳講」とかいう無料拝観券を使えたのだった。
度重なる台風や地震にも耐えて来た木造の五重塔。しっかりと建っていた。夢殿へ向かう参道の両脇にはいくつもの小さなお寺、僧坊がある。子どもの頃にピアノを習っていた先生のお宅がその一軒だった。ピアノの先生一家はもういない。そのころ祖父が「寺務所」に務めていて、妹といっしょにピアノの帰り立ち寄るとお客様としてもてなしてくれた。暇だったんだろうなあ。いつも「落雁」という砂糖菓子がでてきた。子どもの舌にはあわなかったが、今でも「落雁」を見るとおじいちゃんとお寺がよみがえってくる。
法隆寺から中宮寺を通って「大和路」を散策する。創作工芸の店ができている。地酒があって喫茶で食事もできる。地酒の試飲のところで東京から来たという同年配のご夫婦と話をする。「東京からですか。私も東京ですねん。」て、どこやねん。

|

« うなぎ弁当 | トップページ | 小児科専門医の資格更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/6117353

この記事へのトラックバック一覧です: 法隆寺:

« うなぎ弁当 | トップページ | 小児科専門医の資格更新 »