« 電子カルテ導入記その13 | トップページ | 夏休み »

2005.08.11

電子カルテ導入記その14

電子カルテと従来のシステムの二重入力3日目。昨日よりも患者さんの集中が少なかったこともあるが、2台のパソコンをフル稼働するなどして作業がだいぶこなれてきた。受け付け段階での渋滞はかなり解消された。予防接種の受付も二重で行ったのだがこちらもなんとかできた。

こうなると問題は診察室での院長の処理速度である。昨日は待合室に患者さんがあふれているのに診察室にカルテデータが飛んでこなかった。今日は診察室に紙のカルテはどんどん積まれる、コンピュータの待ちリストがどんどんふくらんでいく。電子カルテには受付した患者リストが現れる。今、何人待っているか、いつ受付して何分待っているかが一目でわかるようになっている。もたもたしているとどんどん待ち時間が増えていく。どうも精神衛生上よくない。
電子カルテの入力に手間取る最大の要因はWordPanelの使い勝手の悪さによる。自分の診察の流れに沿った語句や処置がうまく配置されていないのである。こういうのは毎日ちょこちょこと反省をしながら作り上げていくしかない。
とりあえず、夏休みまであと1日。ある程度の格好はつけないと。

|

« 電子カルテ導入記その13 | トップページ | 夏休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/5419857

この記事へのトラックバック一覧です: 電子カルテ導入記その14:

« 電子カルテ導入記その13 | トップページ | 夏休み »